キャバクラ代の領収書でも節税できる!?

すきま時間に読む、サラリーマン節税の話

また、転勤に伴う引越し費用や交通費も「転居費」も対象になります。通勤費が会社で出ず、自己負担をしている方は、「通勤費」も対象になります。

なお、これらの経費は、先ほどみた衣服費・交際費等と異なり、経費として認められる額に上限はありません。

いまから来年の確定申告に備えよう

それでは、特定支出控除を適用するための条件を、最後に確認しておきましょう。これまで見てきた特定支出控除は、勤務先で行う年末調整では適用することができません。面倒でも確定申告を行う必要があります。また、領収書を特定支出控除の対象とするためには、勤務先に個々に証明してもらい、確定申告の際に、その証明書と領収書を添付する必要があります。

さらに一番重要なのは、特定支出控除として使えるのは、経費となる費用の合計額が一定額を超える場合の、その超える金額に限られることです。

一例として、3つの年収別に見てみましょう。諸々の領収書の合計額が以下の金額を超える場合には、その超える額を節税に使えます。

年収600万円…87万円、年収800万円…100万円、年収1000万円…110万円

たとえば年収600万円のAさんが、交際費、スーツ代計65万円、英会話教室代32万円の合計97万円を一年間で支払ったケースを考えてみましょう。

この場合、年間97万円の経費があるAさんの特定支出控除額は、97万円マイナス87万円(前述の年収600万円に対応する額)の10万円となります。

 年収600万円の税率は30%(所得税・住民税計)ですので、Aさんの節税額は10万円×30%=3万円と計算されます。この節税額を多いと思うか、少ないと思うかは、あなた次第です。でも、もともと自腹のはずだった支出で税金が返ってくるなら、やはり嬉しいですよね。

 

 

 

 
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • インフレが日本を救う
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT