大坂なおみを批判する人に知ってもらいたい事

「多様性」の問題は日本人とは全く無縁ではない

これは日本にとって新たな可能性を示唆している。日本はアメリカが400年以上かけて実現できなかったことを実現できる国になる可能性がある。自国の多様性を搾取するのではなく、多様性を受け入れる国になるという道だ。

生態系保護や環境問題への意識を高めてきたのと同じように、多様性への寛容さを高める機会が今訪れている。環境問題などへの意識は最初から、あるいは自然発生的に生まれたわけではない。日本政府の支援を含めた官民一体の取り組みがあったからこそ芽生えたものだ。多様性についても同じことがいえる。今やらなければ、日本も失敗の道をたどることになるだろう。

大坂はこれからも声を上げ続ける

大坂は、こうした取り組みに喜び勇んで協力することをすでに表明している。

「私のような外見をして日本に住んでいるすべての日本人の皆さん、そしてたとえそれが何気のない差別(マイクロアグレッション)ではあったとしても、レストランに入ると英語メニューを渡されてしまうような皆さんに、機会を提供したい」。最近のインタビューでこう語ったように、こうしたメッセージを広めるのに喜んで力を貸すだろう。

もし、大坂の行動を支持せず、BLMが日本とは無関係であり、大阪に沈黙してほしいと思うのなら心にとめてほしい。彼女はこれからも声を上げ続けるし、圧力にも屈しないと。アスリートは政治発言を控えるべきという認識を大坂は持っていない。一方で日本社会にいい影響を与えようと決意している。最近の彼女の発言や行動を見れば、これは明らかだ。

さらには黒人女性として、デリケートな問題で明らかに矢面に立っている。それに家族や友人が巻き込まれ、全員がリスクにさらされている。世界中で黒人が暮らし、人種差別に反対する多くの白人から応援され、世間の注目を集め、メディアの取材が殺到する中、大坂は人種差別問題を解決の方向に導く絶好のチャンスを手にしているのだ。

日本の皆さん、彼女ならやりかねない。彼女は必ず勝つことを目指す。頭がよく、機知に富み、情熱的で、実績豊富な世界レベルのアクティビスタなのだから!

大坂と同じ思いを抱く心ある人は、日本にも間違いなくいるだろう。だから、耳を傾けてほしい。確かに大坂の行動は「普通」ではなかったかもしれない。今回の積極的な行動を通じて、日本に立ち止まることを求め、今後どういった方向に進むのかを考えるよう強く迫ったも同然だからだ。

日本社会が人種差別と決別し、肌の色ではなく本質のみで人間を判断できるようになるのか。それとも、これまでと変わりなく、(作り話も含めた)伝統的な価値観に依存して、延々と独特の例外主義に縛られた状態にあり続けるのか。それもほんの始まりに過ぎない。

だからなおみ、ありがとう!(敬称略)

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT