「ニッケイヘイキン号」に進路はあるか?

山崎 元が読む、ちょっと先のマーケット

ニッケイヘイキン号のもう一つの選択肢は、ワンテンポ遅らせて外に強引に進路変更して、ライバルを抑えた2着確保を目指すことだ。こちらは、GPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)による株式・外貨資産買いに相当する。タイミングは早ければ6月とも噂されるが、やれば当座は効果的だろう。

しかし、年金資金で株を買い上げることを経済政策に使うというのは、いわば「ラフプレー」であり、感心しない。効果は一時的だし、後でしっぺ返しがある公算が大きい。

また、馬の脚元にも無理が掛かる。GPIFは実質的に現在でも東証1部の時価総額の5%近い大株主だが、これをさらに買い増すとなると、いわば馬体が大きくなりコントロール(日本企業のコーポレートガバナンス)が劣化するし、その負担が限界に達したところで急減速する可能性がある。ニッケイヘイキン号は、GPIFが買っている間は、急な伸び脚を見せるかも知れないが、買いが終われば失速するのだ。来年には故障休養するかもしれない。

カギ握る、「GPIF」と「消費税率10%」

さて、比喩をもてあそぶのをやめて、筆者(今度こそ経済評論家だ)の予想と見解を述べよう。

当面、日銀に様子見されるので一進一退が続こうが、夏前くらいからGPIFの買い入れが現実味を帯び、一相場来る可能性がある。この辺りまでは、許容リスクに応じて株を持っていていい。投資家自身にとって、5点を強気の満点、3点を平均とするなら、3点〜4点に相当するくらいの株式ポジションを持っていても、いいのではないか。

しかし、秋に「消費税率10%決定」が確実視されるような状況になったら、そろそろアベノミクス相場の天井を意識してポジションを3点〜2点くらいに落として様子を見るのがいい。

年金資金で株を買うような事態になれば、「これに乗って買う」のではなく、「これをうまく使って利食おう」(気の利いたヘッジファンドが考えているのはこっちだろう)と考えておくのがいいだろう。早ければ、今年の夏から秋にかけてだ。

次ページ週末は天皇賞。山崎氏はマラソンG1をどう予想する?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • はじまりの食卓
  • インフレが日本を救う
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
部品3社が日立の傘下に<br>始まったホンダ系列大再編

ホンダと日立製作所が傘下自動車部品メーカーの経営統合を発表した。日立オートモティブシステムズがホンダ系のケーヒン、ショーワ、日信工業を吸収し、国内3位に躍り出る。世界のメガサプライヤーに対抗できるか。再編新時代が始まった。