「ニッケイヘイキン号」に進路はあるか?

山崎 元が読む、ちょっと先のマーケット

さて、直線に差し掛かったニッケイヘイキン号にはどんな選択肢があり、何着でゴールするのだろうか?

フェアな進路と黒い進路、黒田騎手の選択肢は3つ

加齢によってズブくなり、速い脚が使えなくなった古馬だが、久しぶりに調子が戻ってきたニッケイヘイキン号陣営のこのレースの目標は、いってみれば賞金を加算して秋のG1で出走権を得られる「2着確保」だ。

春シーズンの目標レースで直線の中ほどにいる今、選択肢は3つだ。

ムチを持つ黒田騎手は、スタート後に派手に出ムチをくれたものの、その後は想定勝ちタイム(「インフレ率2%!」)に向けて「平均ペース」を主張し、直線半ばまで仕掛けを見せていない。彼は、まだ追い出さずに「様子見」でいいと思っているようで、これが一つの選択肢だ。

本命のアメリカ号をマークしてきたニッケイヘイキン号はインコースを回って来たが、ここで仕掛けてゴールまで保つかどうか、黒田騎手には少し自信がない。追加緩和のムチ入れは、夏まで温存したいということだろう。

力があって調子もよい本命のアメリカ号は、好位から先に先頭に抜け出していて手応えが良く、イエレン騎手は抑え気味にゴールインしようとしているように見える。

ニッケイヘイキン号にとって、消費増税による馬場の悪化は、今のところ、予想されていたほどにはタイムに影響していない。このままのペースで行ってゴール前に軽く叩けば、流れ込みで2着があるかも知れない。だが、進路がふさがったり、馬場の悪化が効いて急にスタミナが切れたりする可能性もある。

二つ目の選択肢は、インコースを突いて「今」仕掛けることだ。つまり金融緩和を追加して「円安→株高」を目指す。一競馬評論家として(実際には経済評論家だが)筆者が推奨したいのは、この方法だ。

物価上昇期待を引き上げ、緩和の継続をより強く約束し、国債買い入れを追加することでこれらを裏書きすれば、さらに円安と株高にして、日本経済を前に進めることが出来るだろう。黒田騎手の腕っ節と掛け声に期待することになるが、これが最もオーソドックスな政策だと思う。

「足りなくなったら追加する」ではなく、「足りなくならないように前もって追加する」のがいいのではないか。景気・物価が予想以上に過熱する場合は、目標達成後に調節する余地がある。

次ページ山崎氏の、渾身の相場予測
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • 岡本幸一郎の自動車情報発信局
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • ニッポンの出産は安心・安全なのか
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大赤字のソフトバンクグループ<br>それでも強気を貫く根拠

収益に大きな貢献を続けてきたファンド事業がグループの決算に大穴を開けた。事態急変でも孫社長は「反省はするが萎縮はしない」。強気の理由は何か。いずれにせよ焦点は上場申請を取り下げた米ウィーの再建だが、長丁場になりそうだ。