年収を上げたい人に「MBA取得」推奨できない訳 MBA取得者が断言「実務には役立たない学位」

印刷
A
A

もう一つは、人脈形成です。社会人大学院や中小企業診断士の研究会には、能力・意欲の高いさまざまなバックグラウンドの社会人が集まります。同じ人脈形成でも、SNSや異業種交流会とは、参加している人の質とつながりの深さがまったく違います。

では、こうしたプラス・マイナスを勘案した場合、社会人はMBAや中小企業診断士を取得すべきでしょうか。

MBAを取ったほうがいい人とは?

近年は、経営戦略の大家ヘンリー・ミンツバーグ『MBAが会社を滅ぼす』や早稲田ビジネススクール・元教授遠藤功『結論を言おう、日本人にMBAはいらない』などMBA批判が盛んです(中小企業診断士も「役に立たない」とよく言われますが、MBAほど批判はありません)。

しかし、私は「リーダーとして活躍したいなら、取得したほうがいい」と考えます。先ほどのメリットの中で、人脈形成の効果が大きいからです。

どんなに優秀な人でも、自分一人でできることには限りがあります。リーダーとして大きな仕事を成し遂げるには、誰がどういう知識・スキルを持っているかという情報(transactive memory、交換記憶と言います)を蓄え、適切な人材を有機的に組み合わせて活用する必要があります。MBAや中小企業診断士での質の高い人脈は、ダイナミックに仕事をするための大きな武器になるのです。

もちろん、下山さんのようにMBA・中小企業診断士を取るだけでは、何の変化も起きません。取った後も、人脈を維持・発展させるための継続的な取り組みが欠かせません。

とかくイメージで良い・悪いと語られることが多いMBA・中小企業診断士。紹介した事例を参考に、リーダーを目指す方にはぜひ挑戦してほしいものです。

関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
ディズニー大転換「入園者数引き下げ」戦略の背景
ディズニー大転換「入園者数引き下げ」戦略の背景
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT