ギネス記録、葛西紀明「いい姿勢は、こう作る」

40代も「2つのトレーニング」で改善できる!

スキージャンプのレジェンド・葛西紀明選手による、「疲れない体」を手に入れるための、「姿勢をよくする」メソッドを紹介します(撮影:尾形文繁)
スキージャンプW杯個人最多出場回数(569回)で「ギネス世界記録」を更新した葛西紀明選手。41歳で自己最高の「個人銀メダル」を獲得し、史上最多の計8回の冬季五輪に出場、48歳の今なお現役選手として活躍する葛西選手は「レジェンド」と称され、国内にとどまらず海外でも尊敬を集めている。
その葛西選手が38年間「企業秘密」にしてきた「疲れない体」と「折れない心」のつくり方を余すことなく1冊にまとめた『40歳を過ぎて最高の成果を出せる「疲れない体」と「折れない心」のつくり方』には何が書かれているのか。本書籍の内容を再編集しながら、最新のインタビューも交えて、その極意を紹介していく。

テレワークは「疲れる姿勢」を招く!?

現在もテレワークを推奨している企業は少なくないようですが、在宅ワークによって姿勢が悪くなり、首や肩、腰の痛みなど、体調不良に悩まされる人が増えていると聞きます。

同僚や上司など他人の目から解放されつい気が緩んでしまうことや、床に座って長時間仕事をせざるをえないといった自宅環境などが原因のようです。

『40歳を過ぎて最高の成果を出せる「疲れない体」と「折れない心」のつくり方』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします。紙版はこちら、電子版はこちら。楽天サイトの紙版はこちら、電子版はこちら

オリンピック以降、講演会に呼ばれることが増えましたが、「葛西さんは背筋がピンとしていて、姿勢がすごくいいですよね」とよく言われますが、実際にスキージャンプの選手は、ほかのスポーツ選手と比べても姿勢のいい人が多い気がします。

皆さんもご存じのように、スキージャンプはストックを使わずスキー板のみで行う競技です。そのため、助走体勢から着地までの動作を、自分の体だけでバランスをとらなければなりません

この一連の動作に必要なのが「体幹」です。スキージャンプの選手に姿勢がいい人が多い理由は、この「体幹」が大きく関係しているのではないかと思います。

そこで今回は、「姿勢をよくする」ために私が実践しているメソッドを紹介します。

次ページ仕事中の姿勢をチェック!
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 本当は怖い住宅購入
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 日本人が知らない古典の読み方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
おうちで稼ぐ、投資する!<br>在宅仕事図鑑

コロナ禍の下、世代を問わず広がったのが「在宅で稼ぐ」ニーズ。ちまたにはどんな在宅仕事があり、どれくらい稼げるのか。パソコンを使った「デジタル小商い」と「投資」に分け、誰にでもできるノウハウに落とし込んで紹介します。

東洋経済education×ICT