30歳大食いOLが10カ月で「美筋女王」になった訳

「冴えない人生」から一転!日本チャンピオンに

食べまくりでも、働きながらでも、30歳を過ぎても、簡単メソッドで理想の体を手に入れられます(撮影:MKglobe)
オーストラリア・ニュージーランド銀行、シニアリレーションシップマネジャー。社内トップクラスの営業成績を誇るエリート銀行員でありながら、オールジャパン・ビキニフィットネス選手権大会では「5年連続チャンピオン」、IFBBビキニフィットネスでは「日本人最高の世界4位」を獲得するなど、「競技と仕事の二刀流」にこだわり続ける安井友梨氏。
『人生が変わる1分間の深イイ話』(日本テレビ)、『みんなで筋肉体操』(NHK)、『マツコの知らない世界』(TBS)など、メディア出演も多く、「食べまくりダイエットと効率的な筋トレ」で注目を集めている。
その「安井式メソッド」を全公開した『筋肉をつけて24時間代謝を上げる! 働きながらやせたい人のための「食べまくりダイエット」&「超時短ゆるガチ筋トレ」――自宅でできる簡単メソッド』が本日発売された。最新刊を上梓した安井氏が、「自身の人生を変えたきっかけ」を語る。

コンプレックスの塊だった「ぽっちゃりOL時代」

私は子どものころからずっと太っていました。大人になってからのピークは70キロ以上もあり、体型もコンプレックスの塊でした。

『筋肉をつけて24時間代謝を上げる! 働きながらやせたい人のための「食べまくりダイエット」&「超時短ゆるガチ筋トレ」――自宅でできる簡単メソッド』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします。紙版はこちら、電子版はこちら。楽天サイトの紙版はこちら、電子版はこちら

「ぽっこりお腹で猫背」「足が太くて短く」「お尻は平らで四角形」……。とくにお尻は最大の悩みで、つねにお尻が隠れる服しか着ませんでした

大学を卒業して就職してからも、おデブ街道一直線。最初の就職先はある有名証券会社での営業職でしたが、とにかく忙しい。ストレスはどんどんたまり、そのはけ口をすべて食べることで解消していました。

もともと、私の家族は一家そろって大食いで、いつもおかずは争奪戦、ご飯もおかわり3杯は当たり前の食生活でした。ストレスがないときでも食べる量が半端なく、とにかく食べまくりました。

毎日ランチタイムになると、ひとりで食べ放題のお店へ。そこでストレス解消を兼ねて、時間いっぱいまで食べまくるのです。ランチにひとり、食べ放題でがっつくОL……。ちょっと怖いものがあったかもしれません。

「食べまくりといっても、実際はそれほどでもないのでは?」とよく言われますが、私の大食いは「男性も顔負け」です。全然イバれた話ではありませんが、私は大食いでは「数々の伝説」(?)をつくっているので、実例を紹介します。

次ページあぜんとする「食べまくり」の量
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • ポストコロナ時代の人づくり最前線
  • あの日のジョブズは
  • 就職四季報プラスワン
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権が誕生しても<br>「安倍時代」は終わらない

牧原出氏執筆の連載「フォーカス政治」。9月16日に菅新首相が誕生しましたが、施策の基本線は「安倍政権の継承」。惜しまれるように退任し、党内無比の外交経験を持つ安倍前首相は、なお政界に隠然たる影響力を保持しうるとみます。その条件とは。

東洋経済education×ICT