30歳大食いOLが10カ月で「美筋女王」になった訳

「冴えない人生」から一転!日本チャンピオンに

以下は、私の「大食い記録」のほんの一例です。

●グループで焼き肉食べ放題に行って、友達がお皿にとって食べきれなかった分を私が完食
●焼き鳥店のコースで「ひとりで3人前(30本)」を食べて、「もっと出してください」と注文したら、お店の人に「もうネタがない」と言われた。
●そのコースのシメにラーメン、カレー、うどんなど5種類が用意されていたが、「その全部を大盛りでください」と言って、お店の人をフリーズさせた。
和菓子は一箱全部食べる
 「赤福餅」は1回に1列(4個)をすくって一口で食べ、3すくいで1箱12個入りを完食するのがお気に入り。
●大大大好きなおはぎは、「いっきに20個」は軽く平らげる。
シュークリームも「いっきに20個」は当たり前
ケーキは「ひとりで1ホール」食べる。
●大学時代は和菓子が食べたいがために茶道部に入部。バイト代はすべて食べ歩きに費やす。
男性も含めて、自分より大食いな人を、いままで身近に見たことがない

これは、ひとつも誇張していません。競技生活では1年を通してオンとオフの期間があるのですが、オフの期間は、いまでもこれくらいの量を食べています

転機は、母が「20キロ以上のダイエット」に成功

これだけ食べれば、当然太ります。以前の私もそうでした。

ダイエットに挑戦しても失敗、リバウンドを繰り返し、さらに落ち込む――。そんな、どうしようもなく冴えないOLだったのです。

そんな私に転機が訪れたのは30歳のとき。家族のなかでも、母と私はとくに太りやすい体質で、母は体重が80キロ以上ありました

その母が、ある日、スポーツジムに通い始め、なんと「20キロ以上のダイエット」に成功したのです。

次ページ「やせたら人生変わるんだ!」
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 岐路に立つ日本の財政
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT