30歳大食いOLが10カ月で「美筋女王」になった訳

「冴えない人生」から一転!日本チャンピオンに

以下は、私の「大食い記録」のほんの一例です。

●グループで焼き肉食べ放題に行って、友達がお皿にとって食べきれなかった分を私が完食
●焼き鳥店のコースで「ひとりで3人前(30本)」を食べて、「もっと出してください」と注文したら、お店の人に「もうネタがない」と言われた。
●そのコースのシメにラーメン、カレー、うどんなど5種類が用意されていたが、「その全部を大盛りでください」と言って、お店の人をフリーズさせた。
和菓子は一箱全部食べる
 「赤福餅」は1回に1列(4個)をすくって一口で食べ、3すくいで1箱12個入りを完食するのがお気に入り。
●大大大好きなおはぎは、「いっきに20個」は軽く平らげる。
シュークリームも「いっきに20個」は当たり前
ケーキは「ひとりで1ホール」食べる。
●大学時代は和菓子が食べたいがために茶道部に入部。バイト代はすべて食べ歩きに費やす。
男性も含めて、自分より大食いな人を、いままで身近に見たことがない

これは、ひとつも誇張していません。競技生活では1年を通してオンとオフの期間があるのですが、オフの期間は、いまでもこれくらいの量を食べています

転機は、母が「20キロ以上のダイエット」に成功

これだけ食べれば、当然太ります。以前の私もそうでした。

ダイエットに挑戦しても失敗、リバウンドを繰り返し、さらに落ち込む――。そんな、どうしようもなく冴えないOLだったのです。

そんな私に転機が訪れたのは30歳のとき。家族のなかでも、母と私はとくに太りやすい体質で、母は体重が80キロ以上ありました

その母が、ある日、スポーツジムに通い始め、なんと「20キロ以上のダイエット」に成功したのです。

次ページ「やせたら人生変わるんだ!」
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • CSR企業総覧
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ANAが希望退職実施へ<br>雇用維持貫くJALとの差

ANAホールディングス傘下の全日本空輸は10月7日、退職金の割り増しによる希望退職の募集を労働組合に打診。一方の日本航空(JAL)は同日に開かれた定例会見で、人員削減の考えはないと明言。両社で対応が分かれた要因とは。

東洋経済education×ICT