30歳大食いOLが10カ月で「美筋女王」になった訳

「冴えない人生」から一転!日本チャンピオンに

しかし、そんな私に、ジムのトレーナーはいちべつしてこう言いました。

「身長に対して足が短いね」「肩幅がないし、上半身は貧弱。小学5年生ぐらいの上半身だな」「ズン胴で下腹ぽっこりだし、胸も尻も垂れている」「まるで妖怪の『餓鬼』みたいだな」

初対面の人に、ここまではっきり言われたことは初めてでした。しかし、その言葉以上に、ビキニを着て写真を撮ってもらったときに、さらに衝撃が走りました。

あれほど頑張ってやせたのに、そこに写っていたのは、「自分の理想」とはかけ離れた「筋肉を失った脂肪だらけのたるんだ体」だったのです。

「ビキニフィットネス」の目標は「女性らしいボディ」です。ほどよく筋肉がついた健康的なプロポーションを目指します。バストはしっかりあって、ウエストはしっかり絞れているけれど、お尻はプリッと丸みがあってアップしている。まさに「砂時計」のような、そんなボディを理想とします

写真に写った自分を見て「これはもうビキニフィットネスどころじゃない」と諦めかけた私でしたが、そのトレーナーは続けて言葉をかけてくれました。

「次の大会まであと10カ月しかないよ」「もし君が日本一を目指してやるなら、必ず優勝させてみせる」「だから、僕を信じてついてきて」

この言葉には驚きました。でも、いままで失敗ばかりだったダイエットに、今回初めて成功できたのです。「ここで引き下がったら一生、何も取りえのないぽっちゃりOLのままだ」と思い、大会にむけてトレーニングを始めました。

ビキニフィットネスは「ただやせればいい」ではない

本格的にトレーニングを始めて、最初にやったのは、なんと「増量」でした。理由は、私がとても姿勢が悪く、つくべきところに筋肉がついていないため、「いまのままトレーニングをして筋肉をつけても、きれいな体にならない」ということでした。

10キロ増やした後、本格的に筋トレを開始し、食事も筋肉のもととなるタンパク質を切らさない食事を徹底し、玄米、野菜という、本格的なボディビルダーの食事にシフトしました。

すると、私の体は確実に変わっていき、さらに体重が落ち、筋肉がみるみるついてきました。鏡を見て成長していくのが自分でもわかるくらいに、毎日体が激変していったのです。

「こんな私でも、30歳過ぎでも、変わることができるんだ!」気持ちが前向きになり、「外見」だけでなく「メンタル的」にも、どんどん「自信」がついていきました

次ページ人生を変える「3つの言葉」とは?
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 本当に強い大学
  • CSR企業総覧
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中国を知り尽くす異能の外交<br>官 垂秀夫 新中国大使

中国に幅広い人脈を持ち、アグレッシブな仕事ぶりで知られてきた垂秀夫・在中国大使。世界情勢が激動する中で国力差が開く日中関係をどう舵取りするのでしょうか。中国が最も恐れる男が日中関係のリアリズムを語ります。

東洋経済education×ICT