30歳大食いOLが10カ月で「美筋女王」になった訳

「冴えない人生」から一転!日本チャンピオンに

母は子どものころから太っていて、何度もダイエットに失敗して、病院やエステに通ってもやせられなかった人。やせた母はビックリするほど若返っておしゃれになって、毎日楽しそうに出かけるようになりました。「やせたら人生変わるんだ!」それを見てつくづく思いました。

そこである日、母に誘われて、スポーツジムへ行くことに。それが「私の運命を大きく変えるきっかけ」になったのです。

「ビキニフィットネス」との衝撃的な出合い

ジムに通い始めてから半年ほどは、1キロもやせませんでした。たいしてトレーニングもせず、「お風呂目当て」で通っていたから、それも当然です。

あるとき「やせない」とトレーナーに愚痴をこぼしたら、「安井さんは、何か目標とかはないんですか? 次に来るとき『理想の人の写真』を見せてください」と言われたのです。

そこで早速インターネットで検索。すると「ビキニフィットネス第1回優勝者」の姿が目にとまりました。

ボディビルみたいなムキムキではなく、「筋肉がほどよくつき」「ウエストはキュッと引き締まり」「ヒップは丸みがあってプルンと上向き」「女性らしいメリハリとしなやかさがある、健康的な美しいボディ」……しばらく見とれてしまうほどでした。

さらに調べてみると、その人は普通の主婦なのに、トレーニングをしてボディをつくり上げ、なんと全日本大会で優勝したというのです。

「普通の主婦の人でも、こんなスーパーボディになれるんだ!」「これなら私も目指せるかもしれない!」

ビキニフィットネスをやるには、専門の指導ができるトレーナーにつく必要があるのですが、当時の私は、何のつてもありません。だから、その優勝者が通っていたジムを探し当て、そこに移ることにしたのです。

その前に、まず決行したのが「ダイエット」。糖質カットをして、お菓子もやめて、夕食は鍋などの野菜中心の食生活に切り替えました。それを必死に続けたら、「3カ月で15キロ以上の減量」に成功したのです。私の人生で初の「ダイエット成功」でした。

「これでビキニフィットネスの体になるのも夢じゃない!」自信満々で、さっそうと新しいジムの門をたたきました。

次ページトレーナーから「衝撃の一言」
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 本当に強い大学
  • CSR企業総覧
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ANAが希望退職実施へ<br>雇用維持貫くJALとの差

ANAホールディングス傘下の全日本空輸は10月7日、退職金の割り増しによる希望退職の募集を労働組合に打診。一方の日本航空(JAL)は同日に開かれた定例会見で、人員削減の考えはないと明言。両社で対応が分かれた要因とは。

東洋経済education×ICT