日本人の「1億総中流」意識が崩れた決定的要因

2020年を迎えた日本社会の動かしがたい現実

所得の違いにかかわらず大多数の人々に共有される「中流意識」というものは、今日までにほぼ解体してしまった(写真:adamichi/PIXTA)
新型コロナ禍は日本における格差をさらに拡大させ、中流層が下流に転落するリスクがかつてないほどに高まっている。日本は“階級社会”化に歯止めが効かず、中流層は消滅していくのだろうか。「日本人は『1億総中流』崩壊の深刻さを知らない」(2020年8月5日配信)「日本の格差拡大が昭和末期に始まっていた証拠」(8月12日配信)に続いて、社会学者である橋本健二氏の著書『中流崩壊』より一部を抜粋し、お届けする。

強まる階層変数と階層帰属意識

格差拡大が進行する過程で、人々の「中流意識」には変化が生じていた。

1975年の段階では、どの学歴でも、どの社会階層でも、また所得額にかかわらず、自分を「中」と考える人の比率が高かった。たしかにこの比率は、大卒者やホワイトカラーで高く、また所得が高いほど高くなるといった傾向はあるのだが、その違いは大きいとはいえなかった。そして自分を「中」と考える人の比率そのものは、1985年以降のSSM調査(編注「社会階層と社会移動全国調査」のこと)でもほとんど変化がなく、75%前後で安定している。

ところが社会学者の吉川徹は、この間に人々の意識に重要な変化が生じていることを発見した。1975年の段階ではきわめて弱かった、学歴、職業、所得などの階層変数と階層帰属意識の関係が、1995年までの間にだんだん強まっていたのである。(吉川徹「『中』意識の静かな変容」、『現代日本の「社会の心」』)

こうした変化は、その後も続いている。この結果、近年では、人々が学歴や職業、所得などにかかわらず、同じような階層帰属意識をもつとはいえなくなってしまった。ただし「中の上」と「中の下」を合計した「中」全体の比率は、やはり学歴や職業、所得などに関わりなく多い。だから「中」全体の比率にしてしまうと、違いがはっきりしなくなる。そこで階層帰属意識を、次のように分類し直してみることにしよう。

SSM調査の階層帰属意識に関する設問の選択肢は、「上」「中の上」「中の下」「下の上」「下の下」の5つである。真ん中は、「中の上」と「中の下」の間にある。ということは、「上」または「中の上」を選んだ人は、自分を「人並みより上」と考えているということである。

次ページ自分を「人並みより上」と考える人の比率を見てみると?
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 逆境からの人々
  • エネルギーから考えるこれからの暮らし
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! エアライン・鉄道<br>どん底からの復活シナリオ

人の移動が収益源となる航空・鉄道業界は、新型コロナウイルスの直撃で事業構造の根本的な転換を迫られています。海外では航空と鉄道の一体的政策も始まる中、日本では何が起きるのか。今後の再編や合従連衡のシナリオを大胆に予測しました。

東洋経済education×ICT