「第2のリーマンショック」は冗談と言えない

アメリカのIT・ハイテク株が急落する、真の理由

ダービー馬は結構当たるけど、皐月賞の勝ち馬は・・

そうですか、皐月賞が私に回って参りました。

今年は正直強いですよ、ワタクシ。

といっても、皐月賞はあんまり得意ではありません。どうしても強い馬に目が行くので、結果的にその馬はダービーを取り、皐月では負ける、あるいはその逆、というのが意外に起きるのです。

その観点で行くと、今回のトゥザワールドはこれまでも強いレースを繰り返してきましたし、ダービーと言うよりはいかにも中山向きの脚質をしていますので、ここは本命にするしかないでしょう。鞍上の川田将雅君だけが不安材料でしたが、先週の桜花賞を見ればこれも心配なし、ということで、ここは抵抗せず。

その意味では、武豊君が乗る、トーセンスターダムは多分ダービー向きなので、ここは抑えまで。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 御社のオタクを紹介してください
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スクープ! 積水ハウス地面師事件<br>「封印された報告書」の全貌

「なぜ積水はだまされたのか」。2年前の地面師グループによる大型詐欺事件。謎を解く同社の内部資料を本誌が独自に入手した。だまされた積水が調査報告書の公開を拒む理由は。取引を承認した役員が現在も要職にある“闇”をいま明かす。