「第2のリーマンショック」は冗談と言えない

アメリカのIT・ハイテク株が急落する、真の理由

つまりIPOをしたり、新規株式を発行しても資金は調達できるし、経営者の支配権が全く劣化しない、という矛盾を抱えたファイナンスが続々と登場しており、また、これが堂々と売れまくっているという事情が、昨今のナスダック上昇の裏に隠されているのです。

既存経営者の支配継続を可能にする「クラス分け株式」

具体的には、新株発行をする場合にその株式をクラス分けしてしまい、1株に対し10もの議決権を与える株式を発行してそれを引き続き経営者が保有したり、場合によってはまったく議決権のない株式のクラスを設定して市場に売り出し、経営権の希薄化を防ぐといったような手法をとっています。

先日、グーグルはこれに該当する「クラス3」という株券を発行、これにより、議決権の過半数を経営者が握っています。フェイスブックは2012年のIPO時にすでにクラスを2つに分けて、株数が増えてもザッカーバーグCEOの支配権は全く変わらないという不可思議なファイナンスとなりましたが、それでもIPOは大成功となりました。

このほかにも「グレーター・サンフランシスコ」の新しい企業では、このファイナンスのやり方が日常化しており、実はハイテクだけでなく、異業種にもこの種の「クラス分け」が広がりつつあります。中には「新株購入者は株主総会への出席ができない」、などというとんでもない条項が入った株式もあって、その様相は「やりたい放題」を呈していると言ってもいい。

通常は、こんな無茶な条件のついた株式など見向きもされないのですが、昨今のナスダック上昇、順調な決算を背景に儲けに目にくらんだ投資家が、議決権のない株式などに殺到しているというのが現状なのです。

次ページ企業統治が「無法地帯」だった70年代に逆戻り?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 御社のオタクを紹介してください
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スクープ! 積水ハウス地面師事件<br>「封印された報告書」の全貌

「なぜ積水はだまされたのか」。2年前の地面師グループによる大型詐欺事件。謎を解く同社の内部資料を本誌が独自に入手した。だまされた積水が調査報告書の公開を拒む理由は。取引を承認した役員が現在も要職にある“闇”をいま明かす。