91.3%--お年玉が昨年と比べて減らない人の割合《気になる数字》

サラリーマンの多くがボーナス削減という不況の厳しさを味わった今冬。お年玉も大幅にダウンすると思いきや、例年と変わらないことが、住信SBIネット銀行が20~60代の顧客を対象として実施した2010年の「お年玉に関する意識調査」でわかった。

同調査によると、お年玉をあげる予定がある人のうち、お年玉の総額が減ると答えた人はわずか8.7%。一方、09年までと変わらないと答えた人は69.8%、増えると答えた人は21.5%。これを合わせると、91.3%の人があげるお年玉の総額が昨年と比べて減らないことになる。

あげるお年玉の総額が減る理由は、収入が減ったからが最も多く50.0%、あげる人数が減ったからが34.6%、節約したいからが14.8%。これに対して、増えるとした理由は、あげる人の年齢が上がったからが50.0%、次いであげる人数が増えたからが30.9%となっている。

お年玉をあげる人数は2人が24.1%と最も多く、平均は3.66人。お年玉の総額も5001~1万円が最多で27.8%、1~5000円が24.1%、1万0001~2万円が18.2%と続き、平均は1万7999円となっている。

収入が減少しているとはいえ、かわいい子や孫のために費やすおカネは減らせないというのが実情だろう。こうした「必要経費」を捻出するため、お父さんの「お小遣い」はさらに減ることになるのかもしれない。

(山本舞衣 =週刊東洋経済)

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • iPhoneの裏技
  • グローバルアイ
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT