「自分は不幸」と思う日本人がやたら多い不思議

1人あたりGDPが国際的に高くても幸福感は低位

前回までの記事で紹介した収入やワインの限界効用のグラフと似ています。つまり、このグラフから見た本書のタイトル「年収が増えれば増えるほど、幸せになれますか?」への答えは、収入が増えるとある程度不幸になりにくくはなるけれども、収入が少なくても幸せになる方法はあるということです。

ここまで見てきたように、先進国間で比べると、1人あたりGDPと幸福度は相関があるものの、1人あたりGDPが小さくても幸せな国はあります。国の特徴が影響しているのです。

日本が奇妙なのは、半世紀以上もかけて1人あたりGDPは右に向かって増えたのに、縦軸の幸福度は上がっていないということです。生理的欲求と安全欲求が極めて高いレベルで満たされているにもかかわらず、「まだ足りない」「もっともっと」といって、自ら不幸に陥っていることです。それが「幸福度ランキング58位」という悲しい結果を招いています。

このままだといくら日本が今後、1人あたりGDPが増えても、幸せにはなれないということです。

考えてみれば、今の日本人は、江戸時代の殿様よりずっと恵まれています。電気もガスもあるし、娯楽もたくさんある。インターネットでいろんな人とつながれるし、世界中を旅することもできる。

400円の牛丼をどう感じるか

食事だって、江戸時代の殿様が食べていたものより、コンビニエンスストアで買ってきた弁当のほうがおそらくおいしいと思います。もし、江戸時代に持っていったら、「こんなすごいものは食べたことない!」と驚かれるでしょう。

『年収が増えれば増えるほど、幸せになれますか?: お金と幸せの話』(河出書房新社)。書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

日本の食事のレベルは、海外と比べても本当に高いと思います。アメリカのセブン–イレブンに行くと、そのことがよくわかります。失礼ながら、日本人が見ると、まずいパン、甘いだけの巨大なケーキ、干からびたサラダに驚きます。

日本人は幸せを感じるのが下手になっているようです。本当はもう十分幸せなのに、そのことに気づいていない。

牛丼を食べて、「こんなにおいしいものがたった400円で食べられるなんて、自分はなんて幸せなんだろう」と感じるか、それとも「400円の牛丼しか食べられないなんて、自分はなんて不幸なんだろう」と感じるか。これをどう感じるかで、幸福度は決まるのです。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT