お金持ちが「ジップロック」を財布に使う理由

長財布にお守りまで詰める日本人は時代遅れ

長財布にお守りまで入れる日本人はもはや時代遅れ?シンガポールのお金持ちは、ビニール袋を財布がわりに使うというが、それはなぜ?(写真:東洋経済オンライン編集部)

ファイナンシャルプランナーの花輪陽子です。これまで私はシンガポールの富裕層の暮らしぶりをご紹介してきました。今回は彼らが日々使う……いや、使わないアイテムについてお話ししましょう。それは「財布」をめぐる話です。

お金持ちは必ず「長財布」を使っている……という内容の本が日本でベストセラーになったことがあります。「風水」で金運の上がる財布を使っている……といった人もいます。ところが、シンガポールで暮らす世界的な富裕層からは、そうした話をまったく聞きません。そもそも、「財布なんか持ち歩かない」富裕層が大半なのです。

ディナーは毎日外食、店の選択肢は「5つ」のみ!?

シンガポールの富裕層は食事に出かけたり遊びに行ったりする場合、いつもお決まりのレストランや会員制のクラブを使います。自分自身が経営したり、出資したりしているレストランを使うことも少なくありません。なかには、「僕は、ディナーはほぼ毎日外食だけど、店の選択肢は5つしかないよ」という人もいます。

会員制クラブで会計をするとき、財布を開く場面などありません(クラブで財布を開く姿は野暮です)。カードでさっと支払うか、あるいは、それより多いパターンは「皆が気づかないうちに誰かが会計を済ませている」のです。

次ページホームパーティーでの「会計ご担当」は誰?
関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
  • 30歳とお金のリアル
  • はじまりの食卓
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
DMMの変身<br>異色IT企業を大解剖

アダルトビデオで出発し、雑多な事業への参入で膨張してきたDMM.comグループ。事業領域はネット系を飛び出し、約40に広がる。脱アダルトを進め組織体制も変革。それでも「上場は考えない」(亀山会長)。謎多き会社の実態に迫った。