「自分は不幸」と思う日本人がやたら多い不思議

1人あたりGDPが国際的に高くても幸福感は低位

2019年のランキングでは、1位に輝いたのはフィンランドでした。2位はデンマーク、3位はノルウェー。イギリスは15位、アメリカは19位、フランスは24位、イタリアは36位、日本はそこから大きく下がって58位でした。これは先進国の中で最低です。

この幸福度ランキングを見ていて、気づくことがあります。トップ10のうち、半数を北欧諸国が占めていることです。トップスリーの3カ国に加え、4位にアイスランド、7位にスウェーデンがランクインしています。

北欧諸国の幸福度が高いのは、社会保障が手厚いことが関係していると考えられます。子どもの教育費や医療費はすべて無料、老後の心配は少ないと考えられます。どこかの国と違って、「老後2000万円問題」は起きにくいでしょう。

その反面、税金が高いことでも知られています。フィンランドの消費税は22パーセント、ノルウェーは24パーセント、スウェーデンは25パーセントです。10パーセントの日本からすれば、信じられないような税率です。

福祉のために税金を納めるのは「誇り」

しかし北欧諸国の国民は、福祉のために税金を納めることを誇りに思っていると聞きます。「自分たちの国は平等で、貧しい人がいない。そんな素晴らしい国を、自分たちの手でつくっているんだ」。そういった気持ちで納税しているのです。民度の高さに驚かされます。

彼らにとって税金は、「取られるもの」ではありません。豊かな国をつくるための大切な資源です。だからこそ、払いっぱなしにはしません。チェック機関をつくって、どんなことに税金が使われているかを精査しています。

次ページ教育と民主主義が進歩している北欧
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 見過ごされる若者の貧困
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
  • iPhoneの裏技
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT