「自分は不幸」と思う日本人がやたら多い不思議

1人あたりGDPが国際的に高くても幸福感は低位

税金を高くすると、お金持ちが海外に逃げてしまうという懸念を、日本ではよく聞きます。北欧が素晴らしいのは、お金持ちも国を支えるために進んで税金を払っていることです。北欧のお金持ちの多くはいくら税金が高くても海外に逃げないそうです。

北欧は教育と民主主義が、日本よりもはるかに進歩していると思います。自分たちで権利を勝ち取ってきた歴史があるため、自分たちの幸せな人生は自分たちでつくるものだという観念が浸透しています。

日本には、民衆が革命を起こした歴史がありません。お上が全部やってくれていたので、残念ながら他人任せの国家になっているように思います。一人ひとりがもっと政治参加する意識を持たないと、幸福度は低いままだと思います。

もし日本が北欧のような社会を目指すのなら、教育、政治、経営、哲学、すべて根本から変わらなければなりません。はたして日本が、北欧のような「幸福大国」になる日は来るのでしょうか。

日本が「幸せランキング58位」なのは、なぜか

上の図に、1人あたりGDPと主観的幸福の国際比較を示しました。北欧や中欧の諸国幸福度も一人あたりGDPも高いことが見て取れます。しかし、興味深いのは、このグラフは右肩上がりにはなっていないという点です。

つまり、1人あたりGDPは小さくても幸せな国(図中左上)はたくさんあるのです。要するに、「1人あたりGDPが高い国はある程度幸せな傾向がある」けれども「1人あたりGDPが小さくても幸せな国はある」ということです。

次ページ江戸時代の殿様よりもはるかに恵まれている
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 見過ごされる若者の貧困
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
  • iPhoneの裏技
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT