もし「清少納言」が「兼好法師」と語り合ったら

同じテーマでも2人はこんなに考え方が違う

兼好法師もなかなかの考察力を披露してみせる。清少納言の引用文に比べると、文章は論理的に整えられ、流れてゆく時間をしっかりと感じさせてくれる。自然の目覚めは鳥の声、膨らむ蕾と散ってしまう桜の花という一連の風景を通してゆったりと表現されている。

清姐さんの奇想天外な発想とは違うが、1つひとつの様子が丁寧に描かれて、オーソドックスな日本の春のリズムがそこにある。桜も綺麗に映えている。

作者は清少納言の作品を強く意識し、「もう四季と言えば『枕草子』と『源氏物語』の中ですでに語り尽くされているからね」と礼儀正しいクレジットもしているが、何百年後のよくわからないオッサンに真似をされていると知っていたら、清姐さんはどんな気持ちだったろうか。

つれづれなるものへの意見は正反対

つれづれなるものという話題をめぐっては、2人の随筆家の意見がさらに別れる。まずは、清姐さん。

つれづれなるもの 所去りたる物忌み。馬下りぬ双六。除目に司得ぬ人の家。雨うち降りたるは、まいていみじうつれづれなり。
【イザ流圧倒的意訳】
することがなくて暇な感じ 自分の家じゃなくて、他所に移ってやる物忌みとか。駒が進まないすごろく。除目に職を得られなかった人の家。雨が降っているのは、なおさら所在ないよね。

「物忌み」は、災いから免れるため、一定の期間において行動や食事を慎み、家にこもることを指している。現代人には馴染みのない習慣だが、平安の貴族の間ではポピュラーであり、『源氏物語』の登場人物もよくそれで足止めとなっている。「除目」というのは大臣以外の諸官職を任命する儀式。本来であれば緊張感や高揚感のある場面で、退屈とは無縁なはずだ。

物忌みも、うまく行かなかった除目も、雨が降る日も外の世界とのつながりが絶たれている状態を示唆している。女性の行動がかなり制限されたとはいえ、その中で活発に活躍をしていた清姐さんが「つれづれなる時間」に対してじれったさを感じていたのにはうなずける。

次ページついに出た!あの有名な冒頭文
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT