自粛中に社会人が「学ぶ習慣」を付けるコツ3つ

自分が興味のあることを学ぶのがオススメ

外出自粛で時間のある今こそ、大人の学び直しがおすすめです(写真:twinsterphoto/PIXTA)

外出自粛、休業要請、テレワーク。これらの話題を日々のニュースで見ない日はありません。皆さんの中にもさまざまな理由で家にいる時間が増えている方が多いのではないでしょうか。在宅勤務に切り替えている人は、当初1カ月だった緊急事態宣言も延長され、家で仕事をすることに慣れてきた頃かと思います。

Withコロナ、Afterコロナといった言葉で、今後のライフスタイルや働き方が議論されていますが、勉強についても「家」でやる、ということが多くなってきています。オンライン授業や9月入学の議論といった、教育をめぐるさまざまな改革も着実に進んでいます。

家で学習を進めるコツ

そこで、今回は「家でできる大人の学び直し」というテーマで、家で学習を進めるコツをお話しします。ここでは主に(受験勉強ではなく)大人の教養のための学び直しに焦点を当てていきます。

大人の学び直しについて、学習を進めるポイントは3つです。まず1つ目。家で集中できる環境を作ることです。

通常、家というのは自分にとって最も心地よい場所です。好きな漫画が散乱し、飲みかけのコップもダイニングテーブルにおいてある。そんな方も多いのではないでしょうか。でも、集中して勉強するには、そうした「自分にとって心地よいもの」を目に入れないことが重要です。

脳は、目についたものをとにかく気にしてしまうようにできています。専門的にはディストラクションという言葉になりますが、目の前にあるもので気が散ってしまうのが人間の常です。

次ページまずは片付けをする
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • コロナショック、企業の針路
  • コロナショックの大波紋
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
  • 岡本幸一郎の自動車情報発信局
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
テレワーク総点検<br>コロナで広がる働き方格差

緊急事態宣言下で当たり前になった「テレワーク」。業種や職種によって実現度合いに大差がつき、この数週間で働き方の格差が広がったといえるでしょう。在宅勤務の課題を総点検し、コロナ後の働き方を考察しました。