「覚えるのが苦手な人」が記憶力を高める方法2選

「頭が悪い」は生まれつきのものではなかった

記憶力のいい人と悪い人の差はどこにあるのでしょうか?(写真:プラナ/PIXTA)
「生まれつき頭のいい人はいいよなあ。自分ももう少し頭が良かったらなあ」「憶えることが多すぎて、頭に入らないよ」「年齢のせいか、物忘れがひどくなってきたなあ」……。
こんなことを思ったことはありませんか? しかし、ほとんどの人の頭、脳の力にさほど変わりはありません。では、どうして差が出てしまうのでしょうか。それは、多くの人が自分の脳の使い方を知らないからです。いわゆる“頭のいい人”は、脳の使い方がとても上手です。自分の脳を最大限活用する方法を知っているため、素晴らしいパフォーマンスを発揮できるのだと、これまで4万人超(なかには、記憶力の世界大会で優勝した方も)に脳の使い方を教えてきた小田全宏先生は言います。
そこで、小田先生に著書『頭がいい人の脳の使い方』で紹介している脳を正しく使う46個のコツの中から、脳を上手に活用するうえで核となる「記憶力」を飛躍的に高める方法を2つ紹介してもらいました。

「脳力」の基本は質のよい記憶

本当の意味での”頭のよさ”とは、自分の持つ力を、自分の意思によって、最高の状態で引き出し、活用することができることだと、私は考えています。

AIを使いこなせる人になるか、AIに使われるだけの人になるのか、それは、脳の使い方を知っているかどうか、そして「学ぶ力」があるかどうかと言えるでしょう。

学ぶには、上質な情報の収集が求められます。その見極めに必要なのが、知識であり教養であり、これらを学び、使いこなす基礎になるのが、記憶力です。質のよい記憶、そして記憶した情報を使いこなす力を持つことが大切です。

「もともと憶えるのが苦手なので」という人によくお会いしますが、正しい脳の使い方をしていないから、うまく記憶ができないだけで、脳の容量に限界があるわけではありません。

ところが日本の教育では、「憶えなさい」とは教えても、「どうやって憶えればよいか」まで教えることはありません。

そのため、多くの人が正しい記憶法を知らず、闇雲にただ頭に入れようとするのですが、それは非効率的です。効率的に記憶するには、「イメージ」と「本当の理解」が必要です。

次ページ言葉を常に「イメージ化」する
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
正規と非正規「格差訴訟」<br>判断が分かれた最高裁判決

非正規労働者が年末年始の待遇や病気休暇などについて正社員との格差是正を訴え、最高裁は格差は不合理で違法とする判決を出しました。一方で賞与や退職金についての格差是正はほぼ全面的に退ける判決も。非正規労働者の待遇は改善するのでしょうか。

東洋経済education×ICT