嫌われる人の「損する声」、4大欠点と解決法

甲高い、大声…「ウェブ会話」はとくに要注意

甲高い、大声、ボソボソして聞き取れない……。オンラインの会話では「損する声」が普段以上に悪影響を及ぼします(写真:mits/PIXTA)
みなさん、こんにちは!アナウンサーの魚住りえです。このたび、東洋経済新報社より『話し方が上手くなる!声まで良くなる!1日1分朗読』を出版いたしました。
前著『たった1日で声まで良くなる話し方の教科書』『たった1分で会話が弾み、印象まで良くなる聞く力の教科書』は本当に多くの方に手に取っていただき、おかげさまで累計25万部のベストセラーとなりました。みなさまに深くお礼を申し上げます。
第3弾となる今回は、「朗読」のすばらしさとそのテクニックについて書きました。「1日1分朗読」することで、「語彙が増えたり」「言葉がスラスラ出たり」「いい声で話せたり」と、「話し方も声も」いっきに良くなります。
本記事では、「嫌われる人の『損する声』、よくある4欠点と解決法」について解説します。

実は、その声で「損」をしていませんか?

私の職業はアナウンサーですが、「テレビやラジオ番組のナレーション」「スピーチレッスンの講師」「番組のパーソナリティー」など、さまざまな仕事をしています。

『話し方が上手くなる!声まで良くなる!1日1分朗読』(書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします。紙版はこちら、電子版はこちら。楽天サイトの紙版はこちら、電子版はこちら

そのため、毎日のボイストレーニングが欠かせません。とくに毎日の日課として欠かさず行っているトレーニングが「朗読」です。

なぜなら「朗読」をすることは、「表情が豊かになる」「笑顔に磨きがかかる」「コミュニケーション力が上がる」「語彙が増える」など、外見などにまで効果を発揮しますが、「声がよくなる」という絶大なメリットもあるからです。

「自分の声が嫌い」という話をよく聞きますが、実は私もその1人で、いまでも録音された自分の声を聞くのは大の苦手です。私と同じように自分の声が嫌いと思う人は意外と多いものです。

一方、気にならないという人も当然いらっしゃいます。しかし、そのなかには相手にイヤな思いをさせてしまっている「損する声」になってしまっている人も、実は少なくありません。これはとても、もったいないことです。

では、相手にイヤな思いをさせてしまう「損する声」とはどのような声なのでしょうか?今回は、嫌われる人の「損する声」4欠点と「1日1分でできる簡単な解決法」をあわせて紹介します。

次ページ「そもそも聞き取れない…」
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 岐路に立つ日本の財政
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT