「嫌われるオンラインの話し方」6大NGと解決法

「声、表情、トーン…」イラッとさせていない!?

在宅勤務でウェブ上で会話をする人が増えるなか、話し方で注意すべき点は?(写真:hui_u / PIXTA)
みなさん、こんにちは!アナウンサーの魚住りえです。このたび、東洋経済新報社より『話し方が上手くなる!声まで良くなる!1日1分朗読』を出版いたしました。
前著『たった1日で声まで良くなる話し方の教科書』『たった1分で会話が弾み、印象まで良くなる聞く力の教科書』は本当に多くの方に手に取っていただき、おかげさまで累計25万部のベストセラーとなりました。みなさまに深くお礼を申し上げます。
第3弾となる今回は、「朗読」のすばらしさとそのテクニックについて書きました。「1日1分朗読」することで、「語彙が増えたり」「言葉がスラスラ出たり」「いい声で話せたり」と、「話し方も声も」一気によくなります。
本記事では、「『嫌われるウェブでの話し方』6大NGと解決法」について解説します。

ニーズが高まってきた「オンラインでの会話」

私の職業はアナウンサーですが、「テレビやラジオ番組のナレーション」「スピーチレッスンの講師」「番組のパーソナリティー」など、さまざまな仕事をしています。

『話し方が上手くなる!声まで良くなる!1日1分朗読』(書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします。紙版はこちら、電子版はこちら

そのため、毎日のボイストレーニングが欠かせません。とくに毎日の日課として欠かさず行っているトレーニングが「朗読」です。なぜなら「朗読」をすることで、「表情が豊かになる」「笑顔に磨きがかかる」「コミュニケーション力が上がる」「語彙が増える」など、多大な効果があるからです。

新型コロナウイルスの感染拡大防止策として、テレワークになったり、ウェブを使って会議や打ち合わせをしたりなど、「ウェブ会議などオンラインでの会話」が多くなってきています。「朗読」には、この「オンラインでの話し方」にも効果があるのです。

しかし、オンラインで話してみると、「普段の会話のようにいかないことが多い」と感じ、苦手意識を持っている人が多いようにも思います。また、「相手に嫌な思いをさせてしまっている話し方になっているのに気がついていない」ということも少なくありません。

では、「嫌われるウェブでの話し方」とはどのような話し方なのでしょうか? 今回は「『嫌われるオンラインでの話し方』6大NGとその解決法」を紹介します。

次ページまだ話が終わっていないのに…
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • コロナショックの大波紋
  • コロナ戦争を読み解く
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 西村直人の乗り物見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大学 シン・序列<br>コロナ後に変わる名門校の条件

コロナショックを受けて、大学をめぐる環境は急変。授業のオンライン化、学生の経済的困窮など、解決するべき課題は山積しています。大学はどのように変わるのか。50ページにわたる特集で最高学府の近未来を探りました。