追跡!「結婚5年の幸福度」6組の想像超える変化

"35歳以上で結婚した人たち"の現在の本音

5年後の「晩婚さん」その幸福度は?(イラスト:堀江篤史)

35歳以上で結婚した人たちを「晩婚さん」と名付けて訪ね歩いている本連載。新婚時に幸せな新生活について聞くことが多いが、それから数年経った晩婚さんたちはどうしているのだろうか。

そこで、“追跡調査”をしてみることにした。5年前の連載初期に登場してくれた9人の晩婚さんたちにメールで連絡。「5年前の幸せ度を100としたとき、現在の数字を教えてください。その理由は?」と尋ねてみたのだ。

5年後の幸せ度は平均1.5倍にアップ

その結果、6人が返信をくれた。「200」と答えてくれた人が3名、「100」が3名。つまり、平均150点である(なお、1名からは再取材を丁重に断られ、2名からは無回答だった)。

晩婚さんたちの5年後の幸せ度は平均1.5倍にアップ。減ってしまったという人は1人もいなかった。

この連載の一覧はこちら

ただし、当然ながら、この調査結果にはバイアスがかかっている。この種の取材に応じてくれるのは、前向きで余裕がある人たちが多い。幸せだから快く答えてくれるのだ。日本全国すべての晩婚さんに同じ聞き取り調査をしたら、平均点はもっと低かった可能性は否めない。

人は幸福になるために生きているのだと筆者は思っている。ならば、年齢を重ねてからの結婚でも、5年間でさまざまな苦労があったとしても、「昨日より今日のほうが楽しい」「同じぐらい幸せです」と笑っている人たちから学べることは多い気がする。

まずは幸せ度が2倍になったという3名から。

次ページトップバッターは…
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT