追跡!「結婚5年の幸福度」6組の想像超える変化

"35歳以上で結婚した人たち"の現在の本音

5年後の「晩婚さん」その幸福度は?(イラスト:堀江篤史)

35歳以上で結婚した人たちを「晩婚さん」と名付けて訪ね歩いている本連載。新婚時に幸せな新生活について聞くことが多いが、それから数年経った晩婚さんたちはどうしているのだろうか。

そこで、“追跡調査”をしてみることにした。5年前の連載初期に登場してくれた9人の晩婚さんたちにメールで連絡。「5年前の幸せ度を100としたとき、現在の数字を教えてください。その理由は?」と尋ねてみたのだ。

5年後の幸せ度は平均1.5倍にアップ

その結果、6人が返信をくれた。「200」と答えてくれた人が3名、「100」が3名。つまり、平均150点である(なお、1名からは再取材を丁重に断られ、2名からは無回答だった)。

晩婚さんたちの5年後の幸せ度は平均1.5倍にアップ。減ってしまったという人は1人もいなかった。

この連載の一覧はこちら

ただし、当然ながら、この調査結果にはバイアスがかかっている。この種の取材に応じてくれるのは、前向きで余裕がある人たちが多い。幸せだから快く答えてくれるのだ。日本全国すべての晩婚さんに同じ聞き取り調査をしたら、平均点はもっと低かった可能性は否めない。

人は幸福になるために生きているのだと筆者は思っている。ならば、年齢を重ねてからの結婚でも、5年間でさまざまな苦労があったとしても、「昨日より今日のほうが楽しい」「同じぐらい幸せです」と笑っている人たちから学べることは多い気がする。

まずは幸せ度が2倍になったという3名から。

次ページトップバッターは…
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • ルポ「ホームレス」
  • コロナショックの大波紋
  • コロナショック、企業の針路
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
老舗「レナウン」が経営破綻<br>アパレル淘汰・再編の序章

名門アパレルのレナウンが民事再生の手続きに入りました。親会社「山東如意」が再建に見切りをつけ、新たなスポンサー探しは難航が予想されます。ほかのアパレルも店舗閉鎖や売り場撤退が予定され、百貨店に多大な影響が出そうです。