追跡!「結婚5年の幸福度」6組の想像超える変化

"35歳以上で結婚した人たち"の現在の本音

トップバッターは、本連載の初回(記事はこちらこちら)に登場してくれた木村幸一さん(仮名、54歳)だ。

仕事と遊びを愛するバブル世代の幸一さん。母親ががんを患ったこともきっかけになり、一回り以上年下の2児の母であるシングルマザーと結婚した。いわゆる独身貴族生活からの激変である。

幸一さんによれば、その後の5年間でさらなる大きな変化があった。社長は辞めて別の会社で働きつつも自らビジネスを始め、2人の子どもを新たに授かったのだ。

<当時の会社は海外にも子会社があり海外を飛び回ったり、それゆえに休みもあまりなかったりしたので社長を辞任して、持っていた株も売却しました。その後、女の子と男の子が誕生。現在、長女が小6、長男が小4、次女が年中、次男が年少です。私を必要としてくれる会社もあり、現在はその会社の常務取締役を務めています。次男が成人するまで16年以上あり、現在私が54歳なので70歳までは現役で頑張らねばなりません。シェアハウスやアプリなどの新規ビジネスも始めています>

ますます精力的な様子である。一方で、肉親の老いや死には向き合わなければならない。晩婚さんの宿命だ。

<母は7年前に肝臓の末期がんになり余命1年と言われ、彼女の姉である伯母が面倒をみてくれていたのですが、その伯母がまさかの心臓発作で突然死。母は3年前から独身の私の弟と一緒にうちの近所に住んでいます。私も子どもらを連れて定期的に晩ご飯を作りに行っていますが、いよいよやばくなり、先月入院しました。長くても1~2カ月の命だと昨日医者から言われました>

それでも幸一さんの幸せ度は結婚当時よりも2倍に増えている。家族がいるから、子どもが2倍の人数になったから、だと幸一さん。

<家族との時間は最優先事項です。私が朝の保育園の準備から送りまでをやり(迎えは妻です)、夜の晩ご飯も私の担当。たまに家族で外食や旅行に行ったりするのはとても楽しいです。昨年の正月はオーストラリアに行き、子どもらからは「また連れて行ってほしい」とせがまれております。だからこそ、より生産性の高い仕事をしなければなりません。5年前よりも働く時間は短く、収入は多くなりました。これは結婚して家族を持ったからだと思います>

日々成長している子たちによるプラスが100ある

次は、立ち飲みバーの常連仲間と結婚した西岡京子さん(仮名、43歳。前回記事はこちら)。その結婚生活はすでに9年目で、5年前と比べての幸せ度は

<夫婦関係でいうと100とか90とか110とか、その時々でプラスマイナスしている>

と冷静に分析。ただし、日々成長している子たちによるプラスが100あると回答してくれた。

取材当時は育休中だった京子さん。その後、変化が大きく3つあったらしい。

次ページ5年の間にあった、3つの大きな変化とは?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • グローバルアイ
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT