必要なのは半歩ずつの歩み寄り、人との違いを意識することが第一歩--ダイバーシティ最前線・パナソニック電工


 そんな川原さんがリフレッシュできる時間が、趣味の書道や茶道。特に書道は紙に広がる黒と白のバランスに集中することで、仕事の心配事などもその1時間や2時間の間は忘れることができる。

また、「休日に娘と図書館に行き、一緒に本を選んだり読んだりすることが気分転換になる」と家族と過ごすひとときも活力の源になっている。

ダイバーシティ推進は全社一体で一歩ずつ

10月から広報部に異動になり、ダイバーシティの直接の担当ではなくなった。しかし、「ダイバーシティ推進は全社員がかかわることが大切。今後もできるだけかかわっていきたい」と語る。

ダイバーシティ推進は一朝一夕には進まない。パナソニック電工のようにトップ、担当者、社員が全社一体となって一歩一歩積み重ねていく。それが成功の秘訣といえそうだ。


川原理恵子 かわはら・りえこ
短大卒業後、1995年松下電工(現:パナソニック電工)に一般職に当たるローカル職として入社。2003年に総合職に当たる企画判断職に変更。05年に全社公募で女性躍進推進室(現ダイバーシティ推進室)に異動。ダイバーシティ推進を中心メンバーとして進行。09年10月から広報部。

(岸本吉浩 =東洋経済オンライン)

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
  • 忘れえぬ「食い物の恨み」の話
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT