必要なのは半歩ずつの歩み寄り、人との違いを意識することが第一歩--ダイバーシティ最前線・パナソニック電工


 会社も全面的に後押しした。05年に女性躍進推進室を社長直轄に変更。翌06年に社長による「意識改革宣言」を行い、全社員にこれまでの男性中心から多様性尊重へと意識改革を求めた。

さらに08年には活動領域を女性以外の外国人、障害者まで広げるため女性躍進推進室を「ダイバーシティ推進室」に変更。「多様な人材が会社の発展につながる」という基本方針に従い、つねに前向きに支援を行った。

こうした活動で、女性の中に「私にもできるのでは」という自信が徐々に芽生えてきている。毎年行う従業員意識調査に「当社は男女共同の風土だと思いますか」という質問がある。05年は29.6%しか「思う」と答えていなかったが、09年には46.0%と着実にアップ。社内の意識は着実に変わってきている。

ただ、それでもまだ社員全体が変わったとはいえない。「活動を始めて4、5年で全社員の意識が変わることはありえない。まだ、進捗度は30%くらい」と川原さんの自己評価は辛口だ。しかし、表情からは着実な進歩に自信を深めている様子がうかがえる。

休みの日は書道でリフレッシュ

川原さんは出張も多く普段は多忙な日々を過ごす。休日も仕事のことを考えることが少なくない。仕事関係の本を読んだり、休日の勉強会などに参加することもある。

ダイバーシティは、「仕事とプライベートを切り分けるワーク・ライフ・バランスを進めること」というイメージも強い。しかし、「ワーク・ライフ・バランスは仕事とプライベートがいい影響をお互いに与えあう存在であることが大切。ムリして切り分ける必要はない」と自然体で行くことを心掛けている。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • インフレが日本を救う
  • 買わない生活
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT