半世紀前の日本にあった「理想郷」のすごみ

500年以上継承されてきた黒川能とは何か

黒川能は年齢階梯制がベースにあり、毎年上座、下座で各1人、頂点に立つ「当屋頭人」は最高齢の男性。候補者が同じ歳なら誕生日が早いほう、生年月日が同じなら父親が年上のほうなど、公平な決まりがあります。ですから、歳を取っていくことは嫌なことではない。「年寄り」といって敬われるのです。

黒川村のような見事な社会システムはそうはない。村人の暮らしぶりを見て、私はここを「理想郷(ユートピア)」だと思いました。

伝統を継承し、保存していくうえで重要なのは

──1966年2月号の「雪国の秘事能」で、観光客が増えたそうですね。

雑誌発売後の王祇祭に観光客が押し寄せました。そこで、抽選が取り入れられました。

『黒川能 1964年、黒川村の記憶』(書影をクリックするとアマゾンのサイトへジャンプします)

気になるのは、最近の観光客がブログなどで「(玉串料として)5000円も取られた」と書いていること。日本人は祭りをタダだと思っている。その土地で生きる人々が、彼らの神様のために準備をしたお祭りを垣間見、時にはお酒や食事をごちそうになる。その感謝を土地の神様に捧げる気持ちになれないものでしょうか。

もっとも、夜を徹して能を5番、狂言を4番行う王祇祭に、興味本位の観光客はそう来ません。問題なのは、全国各地の伝統的な祭りに観光客が押し寄せて、祭りの形や地元の生活が脅かされていること。伝統を継承し、保存していくうえで大事なのは、その成り立ちを理解し、侵さないことです。

──今年は2度目の東京五輪です。

今回の五輪もまた、問題を抱えている日本の状況から目をそらそうとしているように感じます。「おもてなし」という言葉も、どこか落ち着きが悪い。黒川の人が「いつでも来てくれの。何のもてなしもできねえが」と言うとき、真(まこと)の温かみがあります。

黒川の人々からは、何事にも手を抜かず、自分の体を動かすことの大切さを学びました。今回の五輪はIT活用が強調されていますが、では人間の頭や手足は何に使うのでしょう。1冊の美しい本ですら「紙媒体」と呼ばれる時代だからこそ、丁寧にめくって読んでいただければと思います。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「未来を知る」ための読書案内<br>ベストブック2021

先を見通せない日々が続きますが、本を開けばアフターコロナ時代のヒントがあふれています。本特集では、有識者や経営者、書店員らが推薦した200冊を掲載。推薦数の多い順にランキングしました。あなたにとっての珠玉の1冊を探してみてください。

東洋経済education×ICT