男の20代なんて幼稚園児みたいなものです

モテるビジネスオヤジの作り方 男の人生編

 草食系、はたまた絶食系とまで言われ、仕事オンリーで疲れたイメージを持たれがちな日本のビジネスマン。しかし、ビジネスとプライベートを両立してこそ、充実した生活が送れるはず。
 と、横を見ると、仕事も遊びもとことん楽しんでいるオヤジがいるではないか。ゴルフに自動車レースに野菜作り!?と、人生を軽やかに楽しみ尽くしている、雑誌『LEON』の西園寺薫・総編集長にその極意を聞いてみた。

男の20代は幼稚園児

――人生の先輩として、西園寺さんは20代のころは何をすべき時期だと思いますか?

オトコの人生にとっては、20代は幼稚園児ですよ、まだね。もう20歳過ぎたので、立派な社会人なんですけど、実は男の人生は20代から始まりますから、まだヨチヨチ歩きの幼稚園児なのです。幼稚園児とか小学生はあまり何も考えないですよね。楽しいことは楽しい。やりたいことはやる。だから、20代の男性はそういうふうに、とにかくがむしゃらに仕事も遊びも頑張ってほしい。それがいちばん大事だと思います。

よく、仕事と遊びをどう両立させたらいいですか、という質問が出ますが、そんなことを20代の人が考えていたら駄目ですね。とことん仕事して、とことん遊ぶ。もう、自分の体力が続くかぎり、両方、一生懸命やるのが正解だと思います。

――西園寺さんが20代のころは、どういうふうな生活だったのか気になります。

ハチャメチャでしたね(笑)。僕はずっと編集出版の仕事をやっていましたので、当然、原稿の締め切りがありますから、徹夜もしょっちゅうでした。仕事はそれだけめちゃくちゃにハードでしたが、波乗りもやって、自動車の草レースもやって、ゴルフもやって、とにかくできるかぎりのことをやって、さらに、女の子たちとも遊んでいましたから(笑)。寝る時間を惜しんで仕事をして、寝る時間を惜しんで遊んでいたというのが、正直なところです。

次ページ人生には2本の川が必要
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
トレンドライブラリーAD
人気の動画
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
漂流する東芝<br>舵取りなき12万人の悲運

再出発したはずの東芝の漂流が止まりません。再建請負人の車谷暢昭社長が電撃辞任。緊張感が増すファンドとの攻防や成長戦略の構築など課題は山積しています。従業員12万人を超える巨艦企業はどこに向かうのでしょうか。

東洋経済education×ICT