LEONが仕掛ける「個人的アベノミクス」

モテるビジネスオヤジの作り方 モテるワザ編

 草食系、はたまた絶食系とまで言われ、仕事オンリーで疲れたイメージを持たれがちな日本のビジネスマン。しかし、ビジネスとプライベートを両立してこそ、充実した生活が送れるはず。
 と、横を見ると、仕事も遊びもとことん楽しんでいるオヤジがいるではないか。ゴルフに自動車レースに野菜作り(!?)と、人生を軽やかに楽しみ尽くしている、雑誌『LEON』の西園寺薫・総編集長にその極意を聞いてみた。

 

モテるためにすべきこと

――『LEON』には「モテるオヤジ」という編集テーマがありますが、なぜ「モテる」ことにこだわるのですか?

男の「カッコよくありたい」という思いや、「健康で長生きしたい」という思いの根っこの部分には、「いくつになっても女性にモテたい」という願望があるのだと思います。

その対象は、彼女だったり、奥さんだったり、娘さんもありますけど、会社の女性に好かれたいとか、お酒の席で女性によく思われたいとか、男という生き物はすべからく、女性にモテることで生きるためのエネルギーを補充していくようなところがあるじゃないですか。つまり、「モテる」ということは、男性誌にとっての普遍的なテーマでもあるのです。

――モテるためには何をすべきなのでしょう?

モテるということの本質は、非常に簡単なのです。女性に対して、「お・も・て・な・し」の気持ちを持つことですね。『LEON』のイメージキャラクターであるジローラモは、本当におもてなしの心に満ちあふれているんですよ。一緒に食事に行っても、とにかく女性をもてなしています。

ファッションも、自分たちがかっこよくなりたいというのもそうですが、女性はおしゃれな男性にすごく好感を持ってくれるじゃないですか。そういうことも含めて、女性に対してやさしく、おもてなしの心で接することが、モテるということにつながるのだと思います。

次ページ仲間だと思ってスマートに接すべし
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • コロナショック、企業の針路
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! 不動産<br>大荒れ市況を徹底分析

コロナショックが直撃したのは、ホテルや大都市に立地する商業施設です。一方、郊外の商業施設や物流施設は需要増に沸いています。分譲マンションやオフィスビルの先行きには不透明感が漂います。不動産業界における明と暗。その最前線に肉薄します。