伸びる子は「知識の杭」をたくさん打っている

本物体験によってできる「学習のレディネス」

天体望遠鏡で本物の惑星を見る、博物館で体験をする……そんな「本物体験」をお子さんにしてあげたことはありますか? (写真:KusayaDaisuki/PIXTA、写真はイメージ)

今回は、どんな子でも自然に勉強が好きになり、学力が上がるとっておきの方法を紹介します。

いきなり質問ですが、あなたはテレビの映像ではなく、実際に天体望遠鏡を通して本物の土星を見たことがありますか? 私は見たことがあるのですが、漆黒の宇宙に宝石のように美しく浮かんでいました。本当に神秘的な美しさですごく感動しました。テレビの映像では感じられないようなインパクトで、いいおじさんの私でも感動しました。これが感受性の強い子どもならなおさらだと思います。

このような本物体験をした後は、土星に関する情報に無関心でいられなくなります。

本物体験によって「知識の杭」が打ち込まれる

テレビで「土星の4つの衛星をハッブル望遠鏡がとらえました」というニュースが流れれば、「土星だって! 見た見た。衛星って何だ? ハッブル望遠鏡て何だ?」というように耳を傾けるようになります。図鑑をめくっていて土星が出てくれば、「あ、土星だ。見た見た。なになに……、土星の輪は岩石と氷でできている……。へえ、そうなんだ。あのきれいな輪は岩石と氷なんだ」と一生懸命読むようになります。

この連載の記事一覧はこちら

本物体験による強烈なインパクトがあったから、こうなるのです。もし、それがなかったら、こういった情報はすべて流れ去ってしまいます。

例えて言えば、流れる川に1本の杭を立てるのと同じで、杭があればいろいろなものが引っかかります。杭がなければすべて流れ去ります。

ですから、私はこれを「知識の杭」と呼んでいます。実際に土星を見るという本物体験によって、生活という流れる川に知識の杭が打ち込まれるのです。知識の杭は、図鑑、学習マンガ、動画などいろいろな方法で立てることができますが、本物体験が最も効果的です。

次ページ杭に知識がたまると、授業にも積極的に臨むようになる
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
世界の投資マネーが殺到<br>沸騰! 医療テックベンチャー

2020年に世界の医療関連ベンチャーの調達額は465億ドルと過去最高を記録。10年間で5倍に膨張し、米グーグルやアマゾン、アップル、さらには中国の巨大IT企業もこぞって進出中です。国内の有望スタートアップ21社も掲載した必読の最新ガイド。

東洋経済education×ICT