子どもの読解力を育む最強の2大育児ツール

東大に4人の子を合格させた「最初の教育」

それは、絵本と童謡です。私はこの2つが幼児教育の最強ツールだと思っています。

絵本と童謡のすばらしい点は、0歳児からできる幼児教育だということです。0歳児は話したり書いたりすることはできませんが、見たり聞いたりすることはできます。

そして、赤ちゃんはお母さんの声を聞くことが大好きなので、この時期にたくさん言葉のシャワーを浴びせると、どんどん子どもたちの中に言葉の貯金がたまっていくのです。そしてこの貯金が、将来の読書週間や読解力に結び付くと思うのです。

もちろん、どんな言葉でもいいというわけではありません。正しく、美しい日本語を浴びせてあげる必要があります。そしてそのために一番効果的でお手軽なツールが絵本と童謡なのです。

豊かな感情や日本人としての土台も育まれる

童謡は本当に正しい日本語を基礎に作られているので、大人でもその言葉の流れに感動します。最近は、言葉のアクセントを無視した歌も多いだけに、童謡の歌詞に使われている日本語はわかりやすく聞き取りやすいので、とても美しく、耳に響きます。メロディーがあるため、耳に残りやすく、子どもの心を打つのです。

絵本は、作家が子どもを大切に思って創作し、人間を含む生きとし生けるものに対する考え方が平易な日本語で書かれています。なんと言ってもすばらしい絵がありますから、絵だけを見ても十分楽しめるのです。赤ちゃんの頃からでも字のない「赤ちゃん絵本」を眺めて楽しむこともできるので、生まれたときから本と親しむことができるのです。

絵本や童謡の効用は読解力だけではありません。さまざまな風景に出会うことで感情的にも豊かになり、また「ブタさんとキツネさんがケンカをしました」といった物語を読むことで、善悪や人としてあるべき行動規範にも触れることになります。

その子の人格形成に大きな影響を与えるこれらの原始的な感情や価値観は、なかなか後付けできません。小学生になってから善悪を教えようとしてもお説教っぽくなってしまいますね。幼少期に絵本や童謡に親しませることで、自然とそれらを吸収させることができるのです。

「三つ子の魂百まで」という言葉がありますが、3歳までに絵本と童謡に多く触れさせれば触れさせるほど、子どもの感情も、価値観も、読解力も、豊かなものになります。ぜひ皆さんも、実践してみてください。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 本当は怖い住宅購入
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 日本人が知らない古典の読み方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
おうちで稼ぐ、投資する!<br>在宅仕事図鑑

コロナ禍の下、世代を問わず広がったのが「在宅で稼ぐ」ニーズ。ちまたにはどんな在宅仕事があり、どれくらい稼げるのか。パソコンを使った「デジタル小商い」と「投資」に分け、誰にでもできるノウハウに落とし込んで紹介します。

東洋経済education×ICT