やる気がない人ほど「まず手を動かすべき」理由

どれだけ退屈でも集中力は後からついてくる

どうしてもやる気が起きない場合、再びやる気を起こさせるための重要なこととは?(写真:shimi/PIXTA)  
やる気がなかなか出ない人ほど、まず手を動かしたほうがいい理由とは? 脳科学者の中野信子さんが解説します。

前回は集中状態に入りやすい環境をつくる方法をお伝えしてきました。でも、いざ集中状態に入れたとしても、その集中はいつかは切れるもの。そしてひとたび集中が切れると、再び集中状態に戻るのがとても難しかったりします。

例えば、仕事の資料づくりに没頭し、キリのいいところまで終わったので、いったん休憩することに。ところが、お茶を飲んだり人と話したりSNSをチェックしているうちに、作業に戻るのがだんだんおっくうになってくる。

そろそろ作業を再開しなくちゃ。でも今日は結構頑張ったから、もうちょっと休んでもいいか。そんなせめぎ合いを何ターンか繰り返したすえに、なんとか同じ作業を再開したときは、休憩に入ってから相当な時間が経過していた。しかも、いざ再開したものの、どうにもやる気が乗ってこない……。

「キリの悪いところ」でやめるメリット

これと似たような経験は、誰にでもあるのではないでしょうか。キリのいいところで作業をやめたら、せっかくの集中もそこでプツンと切れてしまう。これを解消するには、いったいどうすればいいでしょうか。

答えは、「作業をやめるときは、あえて“キリの悪いところで”やめる」ことです。いったいどういうことなのか、ご説明しましょう。

もう1度想像してみてください。あなたは大切な仕事の企画書をつくっているとします。複雑でボリュームも多いので、集中して作業をしているにもかかわらずなかなか終わりません。そこであなたはいったん休憩することにする。しかも、1枚目の終わりや項目の終わりといったキリのいいところではなく、思い切って“文章の途中”でやめてしまう。

次ページ途中でやめるとどうなるか?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 就職四季報プラスワン
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
自動車「コロナ不況」が促す<br>部品業界サバイバルの行方

コロナ危機の自動車部品メーカーへの影響は、過剰な設備と人員を抱えていた日産系でとくに深刻。比較的堅調だったトヨタ、ホンダ系も無傷ではありません。世界レベルでの技術開発競争は激化の一途で、生き残りへの再編と淘汰が始まろうとしています。