映画「永遠の門」が迫るゴッホの創作プロセス

単純な伝記映画でなくゴッホ視点に立つ内容

なお余談だが、過去にゴッホを演じた俳優で、アカデミー賞主演男優賞にノミネートされたのは、1956年の映画『炎の人ゴッホ』 に主演したカーク・ダグラス以来のことになるという。 

劇中、ゴッホは景色を目に焼き付けるために、自然の中を駆け回ったり、あちこちによじ登ったりもしている。現在、デフォーは64歳だが、その演技は非常に若々しいものになっている。

スタッフが総力をあげて、130を超えるゴッホの絵を描いている ©Walk Home Productions LLC 2018

彼は撮影前から南フランスのアルルの大地を歩き回り、ゴッホの役作りに活かしたという。シュナーベル監督も「ゴッホは37歳になる頃にはぼろぼろだったし、ウィレムは申し分のない体をしている。非常に要求の多い役だけれど、ウィレムは体力にあふれていて、骨の折れる行動すべてをこなしてくれた。彼の役柄に対する深い探究、身体的スタミナ、想像力のおかげで、作品は脚本をはるかに上回るものになった」と称賛する。

さらにゴッホという役に対して、肉体的、感情的、本能的に向き合うために、デフォーは、画家のシュナーベル監督からマンツーマンでレクチャーを受けたという。

「芸術とはなにか」を問いかける

「これはゴッホについての映画であると同時に、絵画についての作品でもある。だから私にとって役作りの重要な部分は絵の描き方を学ぶことであり、物の見方を学ぶことだった。キャラクターがしていることを実際にやって役作りをするのは効果的だ。そうすることで、対象がどんな人物かを解釈するのではなく、対象の中に宿るようになるんだ」とその役作りについて明かす。

また、本作に登場する絵も、シュナーベル、デフォー、そして画家チームが力を合わせて、130を超えるゴッホの絵を描いたものだという。

劇中、ゴッホはしばしば「何を描いている?」「なんで絵を描くの?」といったぶしつけな質問を投げかけられる。それはあたかも「この社会において芸術とは何なのか?」「芸術家の役割とは何なのか?」と問いかけているかのようだ。それゆえに「この目に映る美しいものを伝えたい」と思いを吐露するゴッホの姿が感動的だ。

関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 若者のための経済学
  • 最新の週刊東洋経済
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • はじまりの食卓
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
株式投資・ビジネスで勝つ<br>決算書&ファイナンス

この1冊で企業財務がぐっと身近に。PL、BS、CSの基本から、キーワードで読み解く業界分析、買収価格算出などの応用まで、厳選30のノウハウを丁寧に解説。業績絶好調企業に加え、会計と実態の差を補う疑似資産、会計利益先行率のランキングも。