1933年築「日本橋高島屋」、重要文化財の建築美

店内の建築美を余すところなく撮影した

1933年、最初にこの建物が建てられた当時は、このエレベーターの辺りまでしか建物の奥行きはなく、これより奥は、戦後、村野藤吾によって増築された。

その村野によるデザインの見どころといえば、館内の3カ所にある階段。そして外壁にガラスブロックを使用したモダンで繊細な外観。また、照明や壁面装飾などに独自の美意識を発揮したデザインを施しているところだろう。

4年間飼育されていた

屋上には、1950(昭和25)年から4年間ここで飼育されていたタイからやってきた象の高子ちゃんをモチーフにした村野デザインの機械室があり、戦後の子どもたちの人気者だった子象の思い出を今に伝えている。

屋上の様子(編集部撮影)

高子ちゃんは、やがて屋上で飼育するには大きくなりすぎてしまい、1954(昭和29)年に上野動物園に移管されることになる。

象が下りた階段(撮影:今井康一)

来日したときにはクレーンで屋上に運ばれた子象は、大きく育ってクレーンで下ろすことは不可能だったため、村野によって増築された中央階段を一歩一歩、8階から1階まで下りたのだという。

村野は“階段の魔術師”と言われ、幾多の優美な階段のデザインを残している。このエピソードを知って、象の下りた階段を歩むと、その光景が思い浮かぶようだ。

この中央階段以外の南側、北側の階段にも細かなデザインや、手すりの溶接の技術などさまざまなこだわりが見られる。

それぞれの階段の段差が低く、踏み面の幅が広めなのは、和服を着たご婦人が上り下りしても裾が乱れないための配慮なのだとか。

次ページポケモンセンターもある
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 地方創生のリアル
  • 最新の週刊東洋経済
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
頂上決戦!ユニクロvs. ZARA<br>ファストファッション新時代

「フォーエバー21」が経営破綻し「H&M」も販売不振。世界のアパレル市場をリードするのは、首位を独走する「ZARA」と、猛追する「ユニクロ」となった。両社に加え、新興勢力の「ワークマン」「デカトロン」も含めた勝ち残り合戦を追う。