自然災害後の住宅復旧がなかなか進まない事情

住宅の屋根補修にかなり時間が必要な理由

「ローリングストック」のイメージ(筆者撮影)

収納を見直すことも、災害への備えとなる。具体的には、買い足しと消費を行いながら、1週間ほどの備蓄をつねに行えるように、収納の量だけでなく使い勝手までに配慮した「ローリングストック」という考え方の収納をすることだ。

この収納スタイルなら、収納しているものは普段から口にしているものなので、幼い子どもにとっても負担が少ない。

また、水や食料があれば、プライバシーの確保などの面でストレスを感じることが多い避難所での暮らしを避けられる可能性がある。

究極の防災住宅「ZEH+R」

さらに、災害対策を徹底したいという方には近年、「ZEH+R」という住宅のスタイルがある。これは現在、普及タイプとしては究極の省エネ住宅「ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(=ZEH)」に、蓄電池や貯水タンクなどを組み合わせたものだ。

「R」はレジリエンス(Resilience)のことで、これは「回復力」「復元力」などを意味し、住宅の場合では、災害が発生した場合に迅速な復旧できる力を有する、というイメージになる。蓄電池はエネルギー、貯水タンクは飲み水の確保ができるため、「ZEH+R」なら被災後にも自宅で日常に近い暮らしができる可能性が高まるというわけだ。

貯水タンクのイメージ。床下に設置するため場所を取らないものもある(写真:セキスイハイム提供)

もっとも、住まいは敷地条件や建物の大きさ、何より予算の関係から災害対策としてできることは限られてくる。とくに、若い方の住宅取得ではそうなりがちだ。ただ、万が一のための備え、「自助」をより可能にすることができることを知っていただきたいと考え、上記を紹介した。

なお、被害が非常に広いエリアに及ぶ可能性が高いとされる南海トラフ地震では、援助物資の配送が滞ることが予想されるため、水や食料などの備蓄について1週間分以上が望ましいとの指摘もある。国や企業などによる「公助」に期待できないということだ。

日本は災害大国であり、東日本大震災のような大災害を乗り切ってきた経験を豊富に持ち、対応するノウハウに優れた国というイメージがあるが、今後はそうも言っていられない状況なのである。

関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • ニッポンの出産は安心・安全なのか
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
  • 読んでナットク経済学「キホンのき」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大赤字のソフトバンクグループ<br>それでも強気を貫く根拠

収益に大きな貢献を続けてきたファンド事業がグループの決算に大穴を開けた。事態急変でも孫社長は「反省はするが萎縮はしない」。強気の理由は何か。いずれにせよ焦点は上場申請を取り下げた米ウィーの再建だが、長丁場になりそうだ。