千葉の停電、「県の初動」はなぜ遅れたのか

停電が長期化し、病院や酪農に深刻な影響

台風15号の影響による断水で、千葉県南房総市で避難所の給水所に列をつくる住民ら(9月13日午前、写真:共同通信)

関東地方に、広範囲かつ甚大な被害をもたらした台風15号の被災地では、長引く停電との苦闘が今も続いている。

「電気も水道も来ない。何とかならないのかね」

千葉県山武市日向台の分譲住宅地で暮らす55歳の男性は、長引く「自宅避難生活」が限界に来ていると話す。男性が経営する鋼材販売店は停電で事業が再開できず、「仕事にならない」(同)という。

杉の木が道路をふさぎ、電線を寸断

停電の原因と見られる問題は自宅のすぐ近くにあった。坂を登ると杉の木が倒れて道路をふさぎ、電線を寸断していた。杉林の持ち主だという70代の男性に聞いてみると、「電力会社は調査に入っているようだけど、復旧工事はまだ始まっていない」と途方に暮れていた。

9月14日午後11時に東京電力が発表した「地区ごとの復旧に要する時間」によれば、山武市日向台では「100軒未満」が停電しており、復旧までに最大で2週間を要するという。前出の男性は「こんな状態だと家にいても仕方がない。東京にでも避難しようかと思っている」と頭を抱えている。

停電による影響は広範囲に及んでいる。千葉市緑区では9月15日午後2時時点でも約7600軒が停電している。台風から2日後の11日夕方の記者会見で、東京電力パワーグリッドの塩川和幸技監は「千葉市内については12日中に復旧する見通しだ」と説明したが、15日現在も大規模な停電を解消できないままだ。

次ページ病院は電源車で電力不足に対処
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 本当に強い大学
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中国を知り尽くす異能の外交<br>官 垂秀夫 新中国大使

中国に幅広い人脈を持ち、アグレッシブな仕事ぶりで知られてきた垂秀夫・在中国大使。世界情勢が激動する中で国力差が開く日中関係をどう舵取りするのでしょうか。中国が最も恐れる男が日中関係のリアリズムを語ります。

東洋経済education×ICT