空き家の維持費年25万円、相続した家の処理

3つの理由で急増、知っておきたい空き家問題

■誰も住まなくなった実家の活用法は3つ

空き家になった実家の活用法は、最終的に3つに分けられます。「日頃から親子で家の活用法について話し合っておけば、親の意思を尊重しつつ活用法を決められます」と牧野先生は話します。皆さんも、下のチャート図を参考に、一度家族で話し合ってみてはいかがでしょうか?

(取材・文/松澤ゆかり、山川寿美恵 イラスト/コウゼンアヤコ)

<教えてくれた人>
牧野知弘(まきの・ともひろ)先生/オラガ総研株式会社代表取締役。第一勧業銀行、ボストンコンサルティンググループ、三井不動産などを経て現職。不動産顧問、不動産プロデュース事業などを行う。著書は『こんな街に「家」を買ってはいけない』(角川新書)など多数。
毎日が発見ネットの関連記事
●郊外の高齢化ニュータウンで増える「買い物難民」とは?
●「住む予定のない実家」は相続してはならない!/相続「やってはいけない」8ヵ条
●「なんで最期に来てくれなかったんや!」と泣く父。母の死後、薄情だった母の実家とどうつきあう?
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • はじまりの食卓
  • 岐路に立つ日本の財政
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
株主第一主義からの脱却は<br>なぜ必要か

米国の有名大企業のCEOらが、米国型資本主義の象徴「株主第一主義」を見直す声明を発表した。本誌コラムニストによる連載「ニュースの核心」では、格差拡大や中間層の消滅を防ぐだけでなく、マクロ経済政策としても有益であることを指摘。