100均の家ついに登場、深刻化する空き家の対処

空き家が増加する日本の見過ごせない課題

全国で増加し続ける空き家をどうにか活用しようと、新たな取り組みが始まっています(写真:KY/PIXTA)

人口・世帯数の減少や家余り社会の到来で、今後ますます空き家が増えると見られている。空き家が管理されないまま放置されると、その地域に防災、防犯、景観上などのさまざまな問題を引き起こす。

国や自治体も手をこまねいているわけではない。法律の整備などを進めているが、決め手に欠けるというのが現実だ。それを埋めるように民間でも、新しい動きが出始めた。

そこで、空き家問題について、次のような観点から見ていくことにしたい。

1. 空き家が問題になる理由は?
2. 空き家対策特措法の効果は?
3. 空き家対策に取り組む地方自治体は増えている
4. 「100均空き家」にどんな意味があるのか

空き家が問題になる理由は?

総務省の「平成30年住宅・土地統計調査」によると、全国に空き家は846万戸(全国の住宅の7戸に1戸)。この5年間で26万戸増加するなど、その数は増加し続けている。

ただし、この調査でいう「空き家」は、何種類かに分かれる。

・別荘やセカンドハウスなどのように普段は住んでいない「二次的住宅」
・賃借人を募集中の「賃貸用」
・売却を予定している「売却用」
・上記いずれにも当てはまらない「その他」
次ページ犯罪の温床にもなる空き家
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • ブックス・レビュー
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日産・西川社長辞任の衝撃<br>ルノーとの対立が再燃も

株価連動型報酬を不正に上乗せして受け取っていた西川社長が辞任を発表した。対ルノーの防波堤だった同氏の退場は、日産の独立性を揺るがしかねない。ゴーン時代の有力な後継者候補が去り人材難の日産。次期社長の人選が将来を決める。