空き家の維持費年25万円、相続した家の処理

3つの理由で急増、知っておきたい空き家問題

■親の意向を聞いておくことが大切

親が亡くなって家に誰も住まなくなれば、実家は空き家になってしまいます。親が長年住んでいた家は、郊外の老朽化した木造一戸建てだったり、築年数の古いマンションなどが多く見られます。

定期誌「毎日が発見」の読者からも「兄弟間の意見がまとまらず、実家は3年間、空き家のままです」「実家を売却したときに兄ともめて、疎遠になってしまいました……」などの声が寄せられ、やはりいろいろと問題も多いようです。

維持費だけがかかり続ける

実家を相続しても、住まずに所有しているだけでは、下の図のように、税金や維持費だけがかかり続けます。人が住んでいないと家は傷みます。月に1度は換気をしたり、水道の水を流したりする必要があるため、次第に管理するのが負担になってくることが多いです。

※1…国の「固定資産評価基準」に基づいて自治体が決定した金額。自治体から届く「固定資産税課税明細書」に「価格」または「評価額」として記載されている。
次ページ活用法は3つ
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • はじまりの食卓
  • 岐路に立つ日本の財政
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
名門ホテル激変<br>高級化路線の成否

9月12日、ジ・オークラ・トーキョーが開業した。4年の歳月と建て替え総工費約1100億円をかけ、世界のラグジュアリーホテルに伍して戦える施設に生まれ変わった。パレスホテルなどの成功例も加え、日本のグランドホテルの未来を占う。