「根性がクソ弱い」チームを立て直す方法

新日鐵住金かずさマジックの改革劇

1~2年ほど前から、鈴木は練習中に暇だと感じるようになった。選手たちが自主的に動いてくれるから、監督がモノを言う必要がないのだ。

米田はここ1~2年で、監督の方向性を理解できるようになった。そうしてチームは地力をつけ、「日本一を狙う」と公言できるようになっていった。

そんな折、チームは激震に見舞われる。2012年10月1日付で、新日鐵と住友金属が合併することになったのだ。

かずさマジックの面々は、この決定に戦々恐々とした。新日鐵はかずさマジック、東海REXとふたつの野球チームを所有し、住友金属には住友金属鹿島野球部がある。ふたつの企業が統合すれば、「同じ関東にふたつもチームは必要ない」という議論になるはずだ。そうなると、淘汰されるのはかずさマジックではないか。

そんな危機感を抱いた鈴木は、何とかチームを存続させようと動いた。本社の重役たちに働きかけ、賛同者を見つけ出した。すると切実な声で、こう言われた。

「9月の頭に日本選手権の予選があるだろ? とにかくお前たちを残す武器をくれ。頼む、勝ってくれ」

チームが消滅するかもしれないという恐怖は、何より選手たちの力になった。かずさマジックは予選を突破し、日本選手権の本大会出場を決める。本社の合併を機に、「新日鐵住金かずさマジック」として再出発することになった。

「選手たちはよく勝ち切ってくれた。彼らの姿を見て、『これで強くなったな』と感じた。チームに企業名を背負ったことで、意識が変わったと思う。『オレたちは新日鐵住金だ』というプライドがあるから」

選手からの驚きの言葉

それから1年後の日本選手権。新日鐵住金かずさマジックは、創部40年目で初めての栄冠に輝いた。ソフトバンクにドラフト3位で指名された岡本健が最後を締め、歓喜の瞬間が訪れた。

喜びを爆発させた直後、鈴木には監督冥利に尽きる出来事があった。閉会式が始まる直前、米田に「お前ら、よく優勝したな」と語りかけた。するとキャプテンは視線を先に向けながら、こう語り出した。

「監督、それは違いますよ。僕らは夏の都市対抗で勝っていません。来年は夏、優勝しましょう」

日本選手権の3カ月前、新日鐵住金かずさマジックは都市対抗準決勝でJR東日本に敗れていた。社会人野球では都市対抗こそ、頂点を決める戦いとされている。自分たちはまだ、本当の日本一ではない――。

2014年、新日鐵住金かずさマジックはスローガンを「更なる高みへ~日本一への挑戦~」に決めた。意味を図りかねた鈴木が米田に聞くと、彼はこう答えた。

「監督も言っていましたけど、1回くらい日本一になったからって、強いなんて思っていないですから。本当の日本一に挑戦しないといけないと思っています」

監督就任から6年。鈴木は大胆に人材を入れ替え、まずは基礎を徹底させた。そうして組織の土台を固め、自ら考えさせることで応用力を身に付けさせた。段階に応じた処置を施したからこそ、新日鐵住金かずさマジックはリストラに成功することができた。

「自分がいなくなっても、チームカラーは伝統として残っていかなければならない」

鈴木のこの考え方こそ、組織を抜本的に変えるために必要な心得だ。

(=敬称略)

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショック、企業の針路
  • 読んでナットク経済学「キホンのき」
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • コロナショックの大波紋
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! コロナ危機<br>総力特集 土壇場の世界経済

欧米での爆発的な感染拡大により、リーマンショック以上の経済悪化が濃厚です。「自宅待機令」下の米国現地ルポに各国の政策対応、トヨタも国内工場停止に至った自動車産業、ほぼ半値へと急下降したREIT市場など徹底取材。