「高齢ドライバー」が危険だとわかる統計的根拠

若者ほど「死亡事故」起こしやすいデータも

実際に高齢者のドライバーは増えているのでしょうか? 最後に各年代別の免許保有率を見てみましょう。

[図表7 年代別の免許保有率]

壮年層と高齢層の保有率が上がり、若年層の保有率が下がっています。最新のデータでは若者と高齢者の保有率がほぼ同じになっており、今後は高齢層の保有率が上回ることが予想されます。若者の車離れが進む一方、高齢者は逆に車に乗る人が増えているといえます。

高齢者の交通事故の実態

以上のことから、高齢者の交通事故の現状についてまとめてみました。

 1)高齢者の事故が増えているのは、高齢ドライバーが増えているため。
 2)免許保有者あたりの事故数は、各年代とも下がり続けている。
 3)交通事故や死亡事故を起こす確率は、高齢層よりも若年層が高い。
 4)高齢層は、交通事故を起こしたときに重大な事故になりやすい。

ここから見えてくる高齢ドライバーの特徴として、1つには「高齢ドライバーは安全運転を心がけている」ということが言えるでしょう。免許1万人あたり事故数が若年層よりも低いことからも、高齢ドライバーが事故を起こさないよう安全運転に努めていることは明らかです。

もう1つは、「高齢ドライバーはいざというときの判断力、運転技術が衰えている」ということでしょう。事故に占める死亡事故の割合が年代別で高いのは、危険な状況になったときに被害を最小限に抑える能力が劣っていることを示しています。

高齢者の事故で報道されることが多いアクセルとブレーキの踏み間違いも、まさにこのケースでしょう。パニックに陥ったときに適切に運転することができず、被害を広げていることがうかがえます。

これからも増えていく高齢ドライバー対策として、免許返納を促すことももちろんですが、上記のような緊急事態に陥ったときに、自動車がドライバーに頼らず適切に停止できる技術の開発も急務といえるでしょう。

(編集協力:株式会社バーネット)

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT