「高齢ドライバー」が危険だとわかる統計的根拠

若者ほど「死亡事故」起こしやすいデータも

今度は、運転免許保持者1万人当たりの死亡事故件数を見てみましょう。

[図表5 免許1万人あたりの死亡事故数]

こちらは平成に入って一貫して下がり続けており、死亡事故を起こすドライバーは減っていることがわかります。

年齢層別に見ると若年層、高齢層、壮年層の順に低くなっており、若者は交通事故のみならず、死亡事故も起こしやすいといえます。つまり、最も死亡事故を起こしやすいのは若年層ということになります。

高齢層の事故が増えている理由

ここまでをまとめると、

・高齢者の事故件数は増えている
・死亡事故を起こす割合は若者が高い

ということがわかりました。

では、はたして高齢者の人口を加味しても高齢者の事故は増えているといえるのでしょうか。そこで交通事故件数、死亡事故件数、人口に占める高齢層の割合を比較してみたのが次のグラフです。

[図表6 高齢層率]

これを見ると、交通事故件数、死亡事故件数、人口に占める高齢層率は右肩上がりになっていますが、その傾きはどれも同じであり、高齢者が増えるに従って高齢者による交通事故や死亡事故が増えています。つまり、「高齢者の交通事故や死亡事故が増えたのは、高齢ドライバーが増えているから」と言えそうです。

次ページ今後も「高齢者の交通事故」は増えるのか
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT