「ライフ・シフト」著者が指摘する日本の課題

「父親の育休取得に日本は取り組むべきだ」

組織論の権威であるリンダ・グラットン氏が指摘する、日本がすべき改革とは(撮影:尾形文繁)
人生100年時代を迎えた今、「引退後に向けた準備だけでなく、人生全体を設計し直す必要がある」と説いたのが、『ライフ・シフト』(邦訳小社刊)だ。著者のリンダ・グラットン氏に、ライフ・シフトの実行に向けた日本社会の課題と、リンダ氏自身のライフ・シフトの経験について聞いた。

「人口統計学」を切り口に世界的変化を見た

――改めて著書『ライフ・シフト』が生まれたきっかけとは?

2011年に前著『ワーク・シフト』を出版したことがきっかけとなった。『ワーク・シフト』では、テクノロジーの進化が社会にもたらす変化を、あらゆる分野で考察した。その後、ロンドン・ビジネススクール(LBS)の同僚である経済学者のアンドリュー・スコットと組み、『ワーク・シフト』で考察した変化のうち、1分野を詳しく見ることにした。

そこで選んだのが「人口統計学」(demography)だ。われわれは「人生100年時代」に突入するという予測を基に、アンドリューが経済学者の立場から、国や社会全体に対する影響を検証し、私が心理学者の立場から、個人の人生にどんな影響が及ぶかを見通した。当時「人生100年時代」というコンセプトで書かれた本はなかった。専門が異なる2人がマクロとミクロの両視点から考察したということが、ヒットにつながったと思う。

──日本でもライフ・シフトは加速すると思いますか?

課題はある。私が委員を務める世界経済フォーラムでは毎年、ジェンダーギャップ(男女格差)が話題になるが、日本は下位だ。若者の起業への支援についても、日本のランクはかなり低く、企業活動の面では変革のシフトが起きていないと捉えられている。

ただ日本でも今、変化が起こっている。G20サミット(主要20カ国・地域首脳会議)が大阪で開催され、ラグビーワールドカップ、東京オリンピック・パラリンピックと、今後も大きなイベントが控えている。世界からの注目を一身に浴びることは、変化の後押しになる。

次ページライフ・シフトが人気になった理由とは?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 日本と中国「英語教育格差」
  • コロナ後を生き抜く
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ徹底検証<br>日本は第2波に耐えられるか

米国やブラジルでは新型コロナウイルスの感染拡大が続いていますが、日本は感染者も死者も圧倒的に少ない。その理由はいったいどこにあるのでしょうか。政策面、医療面から「第1波」との戦いを検証。「第2波」への適切な備え方を考えます。