小泉進次郎を支えた金髪クリエーターの気概

「30代の首相と日本をアップデートしたい」

小泉小委員会の議論をまとめた高木新平氏に、その心意気を聞いた(撮影:尾形文繁)
2020年以降を見据えた新たな社会モデルを打ち出すべく、小泉進次郎議員を中心に自民党若手議員で作られた「小泉小委員会」。議論紛糾しながら模索する様子は、『人生100年時代の国家戦略――小泉小委員会の500日』に克明に描かれた。
この小委員会で発信アドバイザーとして議論をとりまとめ、「レールからの解放」という全体コンセプトを生み出したのは、1987年生まれの若者。コンテクストデザイナーでNEWPEACE代表の高木新平氏だ。
「本当にカオスでした。これ、どうまとめればええんや!と」
政治の世界とは無縁にも見える高木氏は、議論にどのようにかかわり、ビジョンを打ち出したのかを聞いた。

それは「若い世代の仕事」であるべきだ

――どのような経緯で政治とかかわるようになったのですか?

『人生100年時代の国家戦略――小泉小委員会の500日』(画像をクリックするとアマゾンのページにジャンプします)

もともと政治には興味があったんですよ。博報堂を辞めたあと、2012年に「One voice Campaign」というネット選挙運動の解禁を目指す活動を手掛けたんです。田原総一朗さんほかいろんな人々の声を集めて、SNSで署名を募ったりして。

当時は、若者がネットで政治的な活動をするのが珍しかったので、メディアでも取り上げられました。実際、このキャンペーンがきっかけで、ネットを利用した選挙運動が解禁されて、「おもしろいな」と思うようになって。

世の中にビジョンを仕掛けるのが僕の仕事ですが、政治もそのジャンルのひとつと考えているんです。印象的だったのは、オバマ前大統領の選挙運動でした。オバマ政権でスピーチを書いていたのは、ジョン・ファヴローという当時二十代半ばの若者です。IT戦略を仕切っていたFacebookの創業メンバーの1人、クリス・ヒューズも当時二十代半ば。そして、ここで集まった人たちが「Teach For America」など新しい社会づくりを仕掛けていったんです。

次ページ議論を聞いた印象は「カオス」
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
JR北海道<br>労使癒着の深い闇

赤字路線を多数抱え、自力再建が難しいJR北海道。来年にも経営支援のために公金が投入される。だが、革マル派と密接な労働組合と会社の労使協調路線を放置したままでよいのか?