小泉進次郎を支えた金髪クリエーターの気概

「30代の首相と日本をアップデートしたい」

こういう社会問題がある、それを変えようぜという問いがあって、そこにどう立ち向かうかに興味を持ち、応援したくなる。細かい機能やデザインではないわけです。

企業も、これからの時代は、本来の意味の「カンパニー」に近づかないと、支持されなくなると思います。仮想通貨なんかもそうだけど、モノを買うより、その会社のビジョンを買う、というのが普通になる。「ここがおかしい。こう変えるぞ!」という意志に寄せられた期待がおカネに変わるわけです。だからこそビジョンを示した小泉小委員会は、本質的にフィットする仕事だったなと感じます。

30代の総理大臣と「日本をアップデート」したい

さらに言えば、人口減少社会になって、割りを食っているのは、若い人です。僕は世代に価値観があると思っていて、それに基づいて社会や文化をアップデートしていきたいと思っていますが、今の日本だとなかなか難しい。やっぱり上の世代が、ボリューム的にも資産的にも「マス」ですから。国内で考えていくと、やることがどんどんシルバーに染まっちゃいます。選挙とか見てると、そう思いませんか。

僕らの世代の成長戦略って、海外に出るしかないんですよ。新しい価値観のことをやるためには。例えば、NEWPEACEでは、サラダ感覚のカレー「6curry」を販売していますが、これはニューヨークのストリートで食べられるように、カレーを再構築したものです。既存のカレーに慣れ親しんだ上の世代からは、受け入れられないかもしれない。でも世界規模で見れば同世代は多いし、みんなインスタで繋がっているから、イケてると思えばバッと広がる。その連帯を意識しています。

だけど、やっぱり日本社会をアップデートしたい気持ちもあります。だから、フランスの大統領のように30代の総理大臣が早く出て欲しいですよ。その点でも、進次郎さんには期待しています。「レールからの解放」を実現してくれることを。いや、もっと攻めた日本改造論を描きたいですね。近い将来、進次郎さんのスピーチ原稿を書けるように、僕も勉強していこうと思います。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 財新
  • 実践!伝わる英語トレーニング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT