小泉進次郎を支えた金髪クリエーターの気概

「30代の首相と日本をアップデートしたい」

こういう社会問題がある、それを変えようぜという問いがあって、そこにどう立ち向かうかに興味を持ち、応援したくなる。細かい機能やデザインではないわけです。

企業も、これからの時代は、本来の意味の「カンパニー」に近づかないと、支持されなくなると思います。仮想通貨なんかもそうだけど、モノを買うより、その会社のビジョンを買う、というのが普通になる。「ここがおかしい。こう変えるぞ!」という意志に寄せられた期待がおカネに変わるわけです。だからこそビジョンを示した小泉小委員会は、本質的にフィットする仕事だったなと感じます。

30代の総理大臣と「日本をアップデート」したい

さらに言えば、人口減少社会になって、割りを食っているのは、若い人です。僕は世代に価値観があると思っていて、それに基づいて社会や文化をアップデートしていきたいと思っていますが、今の日本だとなかなか難しい。やっぱり上の世代が、ボリューム的にも資産的にも「マス」ですから。国内で考えていくと、やることがどんどんシルバーに染まっちゃいます。選挙とか見てると、そう思いませんか。

僕らの世代の成長戦略って、海外に出るしかないんですよ。新しい価値観のことをやるためには。例えば、NEWPEACEでは、サラダ感覚のカレー「6curry」を販売していますが、これはニューヨークのストリートで食べられるように、カレーを再構築したものです。既存のカレーに慣れ親しんだ上の世代からは、受け入れられないかもしれない。でも世界規模で見れば同世代は多いし、みんなインスタで繋がっているから、イケてると思えばバッと広がる。その連帯を意識しています。

だけど、やっぱり日本社会をアップデートしたい気持ちもあります。だから、フランスの大統領のように30代の総理大臣が早く出て欲しいですよ。その点でも、進次郎さんには期待しています。「レールからの解放」を実現してくれることを。いや、もっと攻めた日本改造論を描きたいですね。近い将来、進次郎さんのスピーチ原稿を書けるように、僕も勉強していこうと思います。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • コロナ後を生き抜く
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT