大江千里、47歳で始めた僕の「ライフ・シフト」

米国での活動から小室さんの引退までを語る

「今年もきっと、超えていくことがいっぱいある。そうやって1年1年重ねていける57歳って悪くない」(撮影:尾形文繁)
人生100年時代。働き方やスキルは何度もアップデートできる。そんな生き方を体現しているのが、『格好悪いふられ方』などのヒット曲で知られるシンガーソングライター・大江千里さんだ。
国内ポップミュージック界でのキャリアを捨て、47歳でジャズの名門・米ニュースクールに入学。現在はニューヨークを拠点とするジャズミュージシャンで、自身のレーベル・PNDレコーズを「ひとりビジネス」として手がける経営者でもある。
その毎日の様子は1月の新著『ブルックリンでジャズを耕す 52歳から始めるひとりビジネス』(KADOKAWA)に詳しいが、約1年ぶりに帰国した折にじっくり話を聞いた。千里さん、人生の新しいステージをどう生きていますか?

僕にとっては「意味のあるおカネ」

――今の活動状況を教えてください。

ニューヨークの53丁目にある「トミジャズ」というジャズクラブで、毎月最終木曜日に演奏しています。元々は日系のお店なんですけど、今は出ているアーティストもお客さんも日本人のほうが少ない。非常にニューヨーク的なお店になっています。僕はジャズミュージシャンとして、すごく曲を書きたい。だから書いた曲を毎月トミジャズでお客さんに聞いてもらって、反応を見て、それでまた次を考えるというサイクルです。

後はニューヨーク以外にも欧米でツアーをやっています。去年は中西部を攻めようと決めて、ミネアポリスやコロンバス、シカゴなどでツアーを組みました。西海岸やワシントンでもやっています。去年はヨーロッパはなかったけれど、メキシコで演奏しました。

――収入源は主にライブですか。

ライブが大きいですね。ジャズのアルバムも、毎月少しずつ売れています。毎月売れるってすごくないですか? もちろん、日本のバブルの頃に入ってきた額とはケタが違うんだけど、僕にとってはそれ以上に意味のあるおカネのような気がします。あの頃は入ってくる金額が大きくても、税金やらで出ていくものも大きかった。おカネのことが分からなくなっていて、一体いくら稼いでいくら残るんだろう?という不安がありました。今は銀行口座を見て、仮に減っていても、「あれじゃそりゃあ減るよね。じゃ、またなんか始めなきゃ」って手に取るようにわかる。

次ページ米国人にも驚かれる
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナショックの大波紋
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
自動車「コロナ不況」が促す<br>部品業界サバイバルの行方

コロナ危機の自動車部品メーカーへの影響は、過剰な設備と人員を抱えていた日産系でとくに深刻。比較的堅調だったトヨタ、ホンダ系も無傷ではありません。世界レベルでの技術開発競争は激化の一途で、生き残りへの再編と淘汰が始まろうとしています。