大江千里、47歳で始めた僕の「ライフ・シフト」

米国での活動から小室さんの引退までを語る

そういう覚悟は、ずっと前からあったとも言えます。『APOLLO』(1990年9月発売のアルバム)を出してオリコンランキング1位を取った直後ぐらいに、ライブツアーの会場で不思議な光景を見たんです。前回のツアーでいた人が、1列分ぐらいいないんです。地方の公演でしたね。あれ? 今オリコン1位なのにどうしていなくなっちゃったんだろう?って。ヒットして最大公約数のファンを得ることは、本当に好きな人を減らすんだな。これは覚悟しなきゃいけないときが来るんじゃないかな、って直感しました。それが見えたのは、僕だけだったんですよ。

「別の次元に」という思いを止められなかった

――同じチームのプロデューサーだとかには、見えていなかった?

だいたいは見えていなかった。でも1人だけ、すごいやつがいました。

そのツアーでお酒を飲んだときに彼が、「人気がなくなり始めてるって、わかってますよね。これからはプロデューサーとして、別の立場で音楽にかかわっていくことって、考えていますか」って僕に言うんです。そうは言っても、オリコン1位を取ったばかりの時期です。なんて失礼なことを言うんだって思いながらも、その言葉は突き刺さりましたね。これはきっとものすごい意味がある、聞き逃しちゃいけない。はらわたが煮えくり返る思いをしながら、ものすごい顔して、でも言い返せないで聞いていたと覚えています。

大江千里(おおえ せんり)/1960年生まれ。1983年にデビュー。2008年ジャズピアニストを目指し、NYのTHE NEW SCHOOL FOR JAZZ AND CONTEMPORARY MUSICへ入学。2012年7月、ジャズピアニストとしてデビュー。2013年には自身が率いるビックバンドで東京JAZZに初参加。2016年夏、4枚目にして初の全曲ヴォーカルアルバム『answer july』を発表。現在、ベースとなるNYのみならず、アメリカ各地、南米、ヨーロッパでライブを行いながら、アーティストへの楽曲提供やプロデユース、執筆活動も行なっている。2017年12月『「9番目の音を探して」~大江千里のジャズ案内 』をリリース。2018年2月14日にDVD「Answer July~Jazz Song Book~JAPAN TOUR2016」が発売

悔しい思いをした後に実際に音楽の世界で旬が過ぎ始めて、いろいろ頑張ってみたら次に仕事がつながってきて、そうしたらまたちょっと浮上して……という時期を迎えました。それが40代半ば。そのときにちょうど肉親の死が重なったこともあり、「僕はいつまでやるんだろう。やるんだったら覚悟を決めなきゃいけないことがあるんじゃないか」と思った。それで、どうなるかまったくわからない世界だけど、別の次元に行ってみたいという思いを止められなかった。こういう経緯がすべてあって、今ここにいるんだなと思う。

実は僕、今をときめくアイドルの楽曲コンペで全部落ちてるんですよ。

――今の話ですか。

今現在、全部落ちています。基本的には書かないつもりなんですが、いくつかは「落ちるとしても絶対やるべき」というコンペがあるんです。それは自分が成長するためにやるんですね。

――そこに合わせて自分のベストをチューニングしていくことが重要。

そうなんです。そうやって作って、落ちた曲を蘇生させて、ジャズのアルバムに使っています。テンポを変えて、スイングにして、歌詞を全部英語に書き換えて。テイストは変わるけど、自分にとって「ここが胸に来るよね」というポイントは同じ。そのポイントを蘇生させることはいくらでもできる。自分が持っているテイストは、年齢なんかでそんなに簡単に枯渇するものではないと思う。

次ページ「自分がどう生きるかは自分自身が決めること」
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • おとなたちには、わからない
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT