家を買わない「賃貸生活」向く人向かない人の差

賃貸のメリット・デメリットをいま一度整理

賃貸のメリット・デメリットを見ながら、自分にとってピッタリな住まいのあり方を探ります(写真:タカス/PIXTA)
人生で一番大きい買い物といわれる住宅。「賃貸」か「購入」かは、消費税増税も予定されているなか、「決めるなら今!」と決断を迫られているご家庭も多いことでしょう。『書けばわかる! わが家にピッタリな住宅の選び方・買い方』を一部抜粋し再構築のうえ、賃貸のメリット・デメリットから、自分にとってピッタリな住まいのあり方を探ります。

住宅資金のかけすぎは老後資金不足に直結

一生涯の中で最も大きな資金には、「住宅資金」「教育資金」「老後資金」の3つが挙げられます。現役時代の収入や退職金、年金といったお金は限られていますから、その中で生活費のほかに、この3つの資金バランスを取ることは重要です。

とくに、老後資金は「老後2000万円問題」でも明らかなように、しっかり計画を立てながら長い時間をかけて積み立てないと間に合いません。なぜなら、3つの資金は綱引き関係にあるからです。次の図にあるように住宅資金などがかさむと、最後に必要となる老後資金が足りなくなる危険性があるのです。

次ページ「賃貸」に向く人とは?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 日本と中国「英語教育格差」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
銀行 地殻変動<br>先で待つ「不良債権地獄」の恐怖

コロナ危機を受け、銀行は政府の支援の下、積極的に「傘」を差し出し、融資をしています。しかし融資先には「危ない企業」も含まれ、下手をすれば不良債権によって屋台骨を揺るがしかねません。自ら大きく変わり始めた銀行の近未来を占います。